だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

うそつき王さまいぬをかう」 みんなの声

うそつき王さまいぬをかう 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1986年04月
ISBN:9784652006337
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「うそつき王さまいぬをかう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 飼われる

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    犬を飼いたい王さまのお話。
    うちの子供も大きくなったらこういう日が来るのかなと思いつつ読みました。
    飼う立場と飼われる立場が逆転したら…たまらないと思います。
    王さまがちょっとあわれかも。
    王さまはお勉強に習い事と忙しいようですね、ごくろうさまです。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 立場が変ると気の毒

    犬を飼うのって、犬好きの子どもで犬を飼っていなければ一度はしてみたいと思うことですね。

    前半は、犬を飼うことの大変さってあるなあと思って読んでいましたが、後半ファンタジー的な展開になるのが、いかにも寺村さんらしいなあと思いました。

    王様が飼い犬ならぬ飼い王様とでもいうのか飼われる立ち場を経験してしまうのは気の毒な感じもありました。

    息子は一人で読んだのでどんな感想を持ったのかわかりませんが、何度も読んでいたので、きっと気に入っていたのでしょう。

    当分、息子の王さまブームは続きそうです。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット