なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ガマの油」 みんなの声

ガマの油 出版社:光文社
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784334901608
評価スコア 2.5
評価ランキング 66,119
みんなの声 総数 1
「ガマの油」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み終わって、損をした気分です

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    うちの上の子も読みなした。そして、最初い言った言葉が「何、これ?」
    確かに、私も、何これ?って、思いました。
    イラストはとてもインパクトがあって素敵でした。
    原案に有名な訳者の役所さんの名前があるし、「がまの油」って、題名ですから、現代版の「がまの油」を役所さんの風にアレンジした楽しい絵本だと思ったんです。
    ところが、なんだか、う〜ん?でした。
    この絵本は、どんな読者を対象に、描かれたのでしょうか?
    伝えたい相手が見えませんでした。

    後書きを読んで「死について」の絵本を描きたかったのかな?とは思いましたが、
    もし、子どもたち向けに「死について」のテーマを描きたかったのだとしたら、(個人的な見解ですが)こういう切り口では伝わりにくいような気がしました。
    読み終わって、なんだかすごく損をした気分です。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(2.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット