ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

どうぶつサーカスはじまるよ」 みんなの声

どうぶつサーカスはじまるよ 作・絵:西村 敏雄
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784834024746
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,991
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 行ってみたい!

    娘が幼稚園から借りてきて読みました。
    子供たちが大好きな西村さんの絵本。
    いろいろな動物が出てきて得意のサーカスを披露するお話。
    とくにひねりはなく話は進みますが、見せ場はしっかり迫力があります。
    最後のぶたくんには、拍手!笑
    読み聞かせなどでも盛り上がる絵本だと思います。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい!&一緒にパチパチ!

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    動物たちによる動物たちのためのサーカスのお話ですが、
    司会のアザラシになりきって読んだら、とても盛り上がりました!
    パチパチパチ・・・と拍手の所では、娘もいっしょになって拍手してくれました。

    最後に観客であるブタくんが
    空中ブランコをやることになった時には
    「えぇっ?!本当に?!やるの?!」と驚いていまいましたが、
    みんな最後は笑顔、笑顔の大成功!(^^)
    娘たちもニコニコしてサーカスを楽しんだ気分になりました。

    個人的にライオンの火の輪くぐり後の
    ライオンのたてがみとしっぽのチリチリ感がツボ(そしてアザラシさんの表情も)なんですが、
    裏表紙の絵にもやられました。
    ブタさんは素人で、素質を見込まれてスカウトされたんでしょうか?!
    それとも元々団員の方?!(^^)
    最後にそんなナゾを残すあたりもツボでした。

    サーカスに行ったことがなくても十分に楽しめる内容でした。
    西村さんの味わい深い絵が良かったです(^^)。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「ぶたくん・・・きみのしょうたいは」

    ◎じぶんの感想◎

    なんともシュールな感じです
    そして、ぶたくんの正体が気になりますが、5年経った今も親子で
    解決できていません

    司会のアザラシの「やるべきことはやる」という淡々とした仕事のスタンスに自分の日常を反省し、グダグダの日にはアザラシの顔が浮かんできて、動ける自分がいます。

    長女が6歳の頃から何度も読んでいて
    今は次女のお気に入りです。

    次女(小1)「おー!!すごい、『かあさーん』やって〜、ぶたくんがんばれー!!」

    ◎小学校の読み聞かせの感想◎
    近所にサーカスが来たので
    タイムリーなものをと小学校で読んでみました。

    1年生「わーははは!!」
    ぱちぱちぱち・・!!(司会の掛け声にあわせ拍手が沸き起こる)

    ぐっと引き込まれている子供の前のめりの姿勢に、私もぐっときました。

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ごめんなさい

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    西村敏雄さんの絵本は大好きなので、期待して読みましたが、ごめんなさい、私としてはこれはハズレだったかなと思います。なんというか、ひねりがないですね。動物が出てきてサーカスをするだけなので。

    それと気になったのが最後。
    サルが怪我をして空中ブランコが出来なくなり、急遽観客の中からブタくんが選ばれるシーンがあります。

    『どなたか おきゃくさまに くうちゅうブランコに ちょうせんしていただきましょう』
    きゃくせきが しずかになりました。

    そしてブタが指名され、客席は盛り上がりブタくんコール。“ブタくん、本当は嫌だったんじゃないの?”と思わずにはいられません。なんだか、嫌な役まわりを誰も率先してやらず、他の人が選ばれてホッとしている学級会のような雰囲気に見えました。

    私の深読みしすぎなのかもしれませんが、あまり子供に読み聞かせたいとは思えませんでした。
    加えて、1度は読みましたが・・・息子たちもそれ以上読みたがりませんでした。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見物客の気分になれます

    • るますけさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳

    初めてこの絵本に出会ったのは、実家に帰省していたとき。
    娘がいたく気に入って、何度も何度も読まされました。

    とぼけた味わいの動物たちの絵がとても魅力的です。
    ブタくんが空中ブランコに挑戦させられるところは「そんな無茶な!」とも思いますが、自分たちもサーカスの見物客になったような気持ちで楽しめる構成になっています。

    この絵本を読み出すと、娘も甥っ子も、「パチパチパチ…」のところで拍手をしたり、「ブーターくん」コールをしたりと大盛り上がりでした。

    ぜひ我が家にも一冊欲しいと思いましたが、「こどものとも」のバックナンバーなので、普通の書店ではなかなか入手できそうにありません。甥っ子のお気に入りでもある本を頂戴とも言えないし…と思いながら数ヶ月が過ぎた昨日、たまたま寄った本屋さんで、この「どうぶつサーカスはじまるよ」を見つけたのです。小躍りしながら買ってしまいました。
    娘も大喜びで、久しぶりの「ブーターくん」コールを楽しんでいます。
    (事務局注:このレビューは、「どうぶつサーカス はじまるよ」こどものとも年中向き 2006年5月号(福音館書店)に寄せられたものです。)

    掲載日:2008/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白かった!

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    面白かったです!

    司会の言葉が調子よく、
    まるで本物のサーカスにいるような臨場感。

    ええ〜っつ、と突っ込み入れたくなるような、数々の展開。

    特に最高なのが、やっぱりブタくん。
    ブタくんコールで出てくる、シーンなんてニヤニヤが止まりません。

    子どもも、気にいって「ぼくこれすきだよ」と
    読んでと持ってきます。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも言えない表情

    パンパカパーン
    パンパンパン
    パンパカパーン
    どうぶつサーカスが始まるよ。
    司会はアザラシさんです。
    最初は、百獣の王、ライオンの登場です。
    火の輪くぐりです。すました顔をして、大成功。でもね…
    カンガルーは、棒を使った曲芸。でもね…
    ひとつひとつの技に、ちょっとした笑いありで、最後の最後まで楽しむことができます。
    空中ブランコは、飛び入りのぶたさんがやったのですが、これもまた何かありそうですね。
    この作者さんが描く動物たちの表情が大好きです。
    裏表紙まで楽しめました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  •  動物たちによる動物たちのためのサーカスです。司会はアザラシさん。

     ライオン、カンガルー、ワニ・・と次々に見事な演技を見せてくれますが、なんとサーカスのクライマックスともいうべき、空中ブランコをするサルがケガで舞台にたつことができません!サーカスはこれにて終了。でもこれに納得できないお客たち・・。するとなんと、客席にいたブタくんがいきなり指名されて、空中ブランコへ・・!ブタくん、大丈夫なの?

     「おかあさーん」と叫びながら上手に飛んだブタくんに、ほっとしながらも、お客にいきなり空中ブランコをさせるという司会アザラシの無謀さについては「まぁ、絵本のお話だものね」と軽くスルーしていた私。浅はかでした。他の方のレビューを読んで、裏表紙の絵を見落としていることに気づきました。団員のみんなと一緒にバスに乗っているサルくん。真相はわかりませんが、その裏表紙の絵にはとても意味がありますね。

     おはなし会では聞き手の子どもたちが、絵本の中のサーカスを見ている観客と一緒になって、動物たちの演技に拍手をおくっていました。子どもたちが、この絵本に惹きつけられていることがよくわかりました。

    掲載日:2015/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは見事な動物サーカス。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    しかし猿が怪我したからって観客の豚に空中ブランコをさせるだなんて…前代未聞です。それにエールを送る観客も観客でして…でもいいのか、絵本だから…西村先生の温かみのある絵によって、そんな事も許されてしまうのでした…。笑

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスに行ったような気分になれます

    • ぷりこさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子7歳

    図書館のおはなし会で、読んでいただきました。1〜2歳の子の多いおはなし会でした。パチパチパチの文章のところで、自然に大人も子供も拍手をしていて、良い雰囲気でした。ぶたくんが演技をしたところでは、拍手喝采でした。みんなで、サーカスに行ったような楽しい気分になれました。このおはなし会に一緒に来ていた息子は、この絵本を気に入っていたので買いました。家に帰ってきてから読んでみると、息子が、ライオンは、火の輪くぐりをしたあとに、髪の毛とひげとしっぽが焦げてる〜と言って、見事じゃないよね〜と言って笑っていました。西村敏雄さんの絵は、懐かしい感じのするので、見ていてほっとします。読み手の方は、『いざ!と言うときは、おかあさ〜んっていうのね。』と笑っていました。小学校低学年向けかなと思いました。

    掲載日:2014/08/08

    参考になりました
    感謝
    0

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット