雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

光草(ストラリスコ)」 みんなの声

光草(ストラリスコ) 作:ロベルト・ピウミーニ
絵:堀川 理万子
訳:長野 徹
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784338144025
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「光草(ストラリスコ)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 珠玉の一冊。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    太陽の陽射しも大地の風も感じる事のできない難病を抱え、
    幾重ものガーゼで閉ざされた3つの部屋だけで生きなければならない、
    11歳の少年、マドゥレール。

    国で一番と評判の絵描きサクマットと少年は友情を育みながら、
    その部屋の壁に二人の物語を描いていく。
    小さな部屋の小さな少年が思い描く世界はその部屋の空気のように純粋無垢。
    しかし、どの世界よりも広く、太陽の光よりも輝きを持っていた。
    壁の絵が美しい四季を巡って冬を迎える時、少年の人生も・・・。

    こんなにも美しい世界を感じられる本に、出会えた事に感謝したくなる、珠玉の一冊。

    掲載日:2010/10/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 夢見る力と見させる優しさ

    ススッと読め、それでいて世界へ浸れました。
    イマジネーションの小説です。おやすみ前に読むと、そのまま夢へ持ち越せそうな、優しい気持ちで眠りに就けそうな、そんなお話。

    人間の、ちゃんと中身が深くて。みんなそれぞれにそれぞれを思いやっての結末が良いですね。
    出来ることなら、そのシーンもきっちり描いて欲しかったかな。きれいすぎ。そこが残念だった。
    でも読後ずっと忘れられません。いいお話でした。

    彼は、大人になれていたら素晴らしい政をし、同時に素晴らしい芸術を残したでしょうね。
    本好きなら高学年からでも読むかな。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット