うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!

つるばら村シリーズ(4) つるばら村の家具屋さん」 みんなの声

つるばら村シリーズ(4) つるばら村の家具屋さん 作:茂市 久美子
絵:柿田ゆかり
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784061957039
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,041
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 職人さんのすばらしさ!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    残念だなぁ・・・中村さんの絵ではない・・・
    でも、今時の子には、柿田さんの絵もいいのかな

    くるみさんには関わっているけど
    この家具屋さんは
    茂一さんの下調べがすごい!!

    木のこと
    家具のこと
    いろいろ勉強になります

    それにしても、つるばら村の職人さんたちは
    気持ちのいい人ばかりで
    いいなぁ〜

    こういう村に私も住んでみたいです

    読むたびに
    心が洗濯されています!

    さて、5巻目も楽しみ♪

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 【あらすじ】
    つるばらむらにある「青木家具店」でおきる不思議な出来事12話。
    ご主人と奥さん、息子さんと、お客さん、関係者各位、そして材料となる木材と自然が、それぞれの物語を語ります。

    【感想】
    上質なファンタジーを堪能できます。
    お話も素敵ですが、あとがきが私は一番好きです。このお話を書くにあたって、岩手県で実際に起きた出来事から、物語が生まれてきたいきさつが、本当に不思議なご縁としか言いようがありません。びっくりするようなことがかかれていますから、読者の皆様は、あとがきも楽しみにしてください。

    物語を通して感じる、木や自然に対する深い愛情と洞察力、豊かな感性は、こちらの心を清々しく癒してくれます。いろいろなお話を読んでいると、優しい気持ちになります。物を大事にしようとか、ゆっくりでもいい仕事をしようとか、自然環境のことや命の大事さを改めて考えようとか…そういう殊勝な気持ちに、自然となれます。嫌味な感じや押しつけがましい感じが全然ない、道徳の本のような気もします。

    子どもが読んでももちろんいいものでしょうけど、大人もぜひ。年齢問わず、大事なことをさりげなく教えてくれる、素敵なファンタジーです。こういう作品が書ける作者を知ることができて、幸せです。

    同じシリーズでパン屋さん、旅館、養蜂家など、いろいろな物語が楽しめます。それぞれがなんとなくゆるやかにつながっていて、あっちにいったりこっちにいったりして、村の近所を行き来する体験ができます。ぜひ、他の本も一緒にお楽しみ下さい。お勧めします。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家具屋さん一家

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    つるばら村の家具屋さん一家のお話です。この一家にはモデルがいるようですね。
    大物をつくる旦那さんに小物をつくる奥さん、そして2人の子どもが登場します。
    このお話だけでも楽しめますが、シリーズを読んでいると、パン屋のくるみさんの飼い猫のニボシがくるみさんとナオシさんの中をとりもとうとしているところ等も面白いです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン屋から繋がってます

    すごい! 木工をやっていないとわからないような専門的なことや悩みをサラッと物語に馴染ませ。
    なるほど登場人物だけでなく、実際の取材が甘くなりすぎないファンタジーを作っているのですね。読み応えあります。

    始まりがくるみさんのラストと被っていて、くるみさんで出てきたカッパやニボシなど懐かしい面々とまた会えます。
    こんな村、私も住みたいな〜。私だったら本屋さんをするかな〜。
    一冊だけが対象でなく、世界として楽しめます。
    でもでも絵が急に変わっちゃって、それも全然違うテイスト過ぎたので残念だった。中村さんの絵でキャラクター描いちゃった人のため、風景を中心にするとか少し工夫が欲しかった。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家具屋さんならではの不思議がいっぱい

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「つるばら村」と、銘打っていあるのに、今までの巻はパン屋のくるみさん1人が主人公でしたが、この巻でやっと家具屋の主人青木林太郎さん・奥さんの美紀さんや息子の幹太くんが進行役として登場します。

    くるみさんとはちみつやナオシさんをくっつけようとたくらむ、
    猫のニボシにひと肌貸したあの家具屋さんですね!

    お話は12編の短編でどれもとてもやみやすい、素敵なお話でした。
    一番最初のお話と、ラストのお話にだけ、くるみさんが少し登場しますが、後は全部家具屋さんで起きた家具屋さんならではの不思議で可愛いファンタジーでした。
    1人読みなら中学年くらいからお薦めです。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット