たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

つるばら村シリーズ(5) つるばら村のはちみつ屋さん」 みんなの声

つるばら村シリーズ(5) つるばら村のはちみつ屋さん 作:茂市 久美子
絵:柿田ゆかり
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784061957046
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,227
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろいろな関わり

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    みつばちが一生かかってあつめるはちみつは、スプーンにわずか半分\(◎o◎)/!

    日本だけでなく、他の国でも、ミツバチの数が減っているとか

    すごい職業ですよね?
    これまた、茂市さんがよ〜く調べています

    いろいろな関わりが楽しめますよ

    ところで、くるみさんとは?
    気になるなぁ〜(^^ゞ

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 花の匂いがしてきそう。

    【あらすじ】
    つるばら村で養蜂をしているナオシさんの物語、12話。村で一番高い笛吹山でひとりで蜂を飼っているナオシさんのもとには、いろいろなお客さんが訪れます。時には人間ではない方も交じっていまして…自然一杯の美しい景色と、不思議な世界が入り混じる上質のファンタジー。

    【感想】
    男っぽい話もあり(天狗と腕相撲するとか、イノシシと綱引きするとか)、淡い恋の予感もあり、奇想天外なファンタジーもあり、盛りだくさんの一冊。養蜂家のことをよく調べてあって、丁寧に物語が作られている。どのお話も読み終わるとこころが温かくなり、不思議な満足感が訪れます。寝る前に1話ずつ読んでもいいかもしれないですね。
    後書きも素敵。(この作家さんは、後書きも感動的)
    ご縁があって、養蜂家の方から直接いろんなことを教えてもらうことになったいきさつは、奇跡のように感じられます。この人は、上質な物語を書くために、神様が守ってくださっているとしか思えないような素敵な「出会い」をされている気がしてなりません。

    蜂が一生かかって集める蜜の量は、ティースプーンに半分ほどという。それを考えると、蜂蜜を、はたして食べていいのか?迷いが生じました。結局、自然からいろいろなものを頂かなければ、人間は生き残れないのだなあ、と思います。
    食べるものも、着るものも、そのほかなんでも、自然から頂いた材料で作られているから、それらを大事に扱おうという気になります。
    そして、この本は、ほかのシリーズとゆるやかにつながっています。登場人物があっちこっちで関係しているので、村を探検するつもりで、全部の作品を読んでみたいと思います。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナオシさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    今回の主人公ははちみつ屋のナオシさんです。
    私の期待通りにくるみさんも出てきてくれました。
    この2人はやはりお似合いだなー、すごく自然だと思います。
    みつばちたちを守ったり、すてきなナオシさんの姿を見ることができます。ナオシさんって力持ちなんですねー。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 茂市ワールド広くて楽しい

    くるみさんと交際中とのことで、すこぅしくるみさんリンクが増えています。
    そしてこれもすごい取材をされて、深い知識を元に語られていて、ファンタジー物語としても楽しいけど、はちみつ屋さんのこととしても読み応えを感じます。
    リアルに養蜂家の番組を、親子揃ってうなって見てしまうほど。世界を拡げてくれます。

    家具屋さんよりさらに無料でさしあげることの多いはちみつ屋さん。どうやって生計を立てているのか、そこだけは気になりましたが(笑)私も舐めてみたいはちみつがいっぱい。
    家具屋のエピソードとかぶって始まり、最後は次に続くのかなというワクワクを残した終わり方をしています。

    家具屋より挿絵画家の違いを感じませんでしたが、やはりキャラクターのアップはイメージが違ったかも。

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • はちみつ屋さんらしく、草木にまつわる話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    いよいよ登場しました、つるばら村のはちみつ屋さんこと「ナオシさん」!
    私は、山の中ではちみつなんか作っているんだから、
    くまみたいに顔中毛むくじゃらのひげ男を想像していたのですが、
    柿田ゆかりさんの描かれた「ナオシさん」は、優しそうなめがねをかけたお兄さんでした。

    この作品でナオシさんとくるみさんはもっと関係が近くなるのかな?と、思っていたのですが、二人のことはほとんど語らず、
    やはり、「はちみつ屋」さんならではの、ちょっぴりあまいファンタジーの短編が12編でつづられていました。

    第1話で出てきた隈野さんが、最終話の12話にも登場し、お話を盛り上げてくれます。
    はちみつ屋さんの話なので、森の木や花に関係するものが多かったです。

    やっぱり1人読みをするなら、中学年がお薦めです。
    大人の方は子どもたちにブックトークなどもしてもらえたらな〜、と思います。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット