ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

ゆうびんやぎさん」 みんなの声

ゆうびんやぎさん 作:杉元 美沙希
絵:とりごえ まり
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784774316192
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,482
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 作者は何と小学生

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    大好きなとりごえ まりさんの絵だったので読んでみました。
    いつもながらに楽しい絵だったのですが、著書紹介を読んで驚愕しました。

    杉元美沙希さんは、当時10歳。
    2008年度お話エンジェル子ども創作コンクールで「日本児童文学者協会賞」を受賞した作品が絵本化されたものだったのです。
    自宅の隣が図書館であったということが大きいのかも知れませんが、お話作りをしていて、小学生でも応募できるコンクールがないかと探していて、この創作コンクールに出会い、自分で応募を決めたとのこと。

    絵本好きなら誰しもが、自分も絵本を描いてみたいと思うもの。
    私も、何度かこうしたコンクールに応募していますが、かすりもしません。

    さらに凄いのは、作者の言葉。
    最後の4行にこう記してあります。
    「ゆうびんやぎさんへのプレゼントがどのようにして荷物の中にまぎれこんだのかなども、絵本の中から探してみてくださいね。
    そして、ゆうびんやぎさんを通して運ばれる動物たちのあたたかい交流を感じ、少しでもほっこりとした気持ちになってもらえたら、すごくうれしいし幸せです」

    起承転結のあるストーリー構成なので、将来恐るべしと思ったくらいだったので4つ星くらいと思っていたのですが、このゆうびんやぎさんへのプレゼントがどのようにして荷物にまぎれこんだのかが、最初分かりませんでした。
    何と答えは、裏表紙にあったのです。
    これには、正直参りました。

    5つ星をあげざるを得えません。
    作者が小学生だという背景を知って、是非多くの人に読み聞かせして欲しい良書だと思います。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しい仲間

    いつもお世話になっているから感謝の気持ちを込めて仲間からのお礼にバッグをもらいました。丈夫で大きなバッグだから、とても役にたつこと間違いないです。郵便やぎさんのツギハギのバックをみんな気にしてみていてくれたのですね。相手のことを気遣う仲間の優しさに触れて大変な郵便配達も益々楽しくなると思いました。赤いバッグがとても似合っていましたよ!

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもがドキドキはらはら楽しんでいました

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    いつもお世話になっているゆうびんやぎさんに、感謝の気持ちを表そうとする動物たち。
    ほっこりする、かわいらしい絵本でした。
    でもストーリーの中にはドキドキヒヤヒヤするシーンもあり、おばけの森のシーンでは、子ども達もやぎさんと一緒に息をのみ緊張していました。

    掲載日:2017/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生が書いた文章?!

    とりごえまりさんの絵に魅かれて借りたのですが、このお話は小学生の女の子が書いたんですね。もうビックリ!知らずに読んで後から知って驚きました。

    いつも頑張っている郵便屋さんのやぎさんに、森の動物たちからプレゼント。なんてほっこりするお話!水にぬれてしまって差出人がわからないところでは、どうなってしまうかヒヤヒヤでしたが。とっても素敵なお話です。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆうびんやさん やぎのゆうびんやさんですね

    みんなにお手紙を届けるやぎのゆうびんやさん郵便屋さん
    雨が降り出し 届け物の差出人のところが雨で濡れてわからなくて困っていたやぎさんは・・・・・
    なんとおばけ森の生に入っていくのですね  こわくてふるえているやぎさん ところが 森から現れたのは いつもお手紙を届けているみんなです

    みんなは やぎのゆうびんやさんに お礼のプレゼントをしてくれたのです

    とっても優しいお話です 

    プレゼントの中には 赤いステキな鞄が入っていました

    杉本美沙希さんの優しさがお話になりましたね
    感動しました!

    掲載日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖かったかな

    最近、手紙を投函することを覚えた娘のために借りてきました。
    ゆうびんやのやぎさんが荷物を届けるお話です。
    途中で、荷物のあて先が消えてしまって困ってしまうやぎさん。娘もそのページで不安そうな顔をしていました。
    さらにおばけが出てきそうな森では、娘も泣きそうに。
    最終的にはハッピーになってよかったです。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なプレゼント!

    子供には,暗い場面があったりドキドキする絵本かも知れませんね!
    でも結末はほんわか温かい絵本なので,親子で安心して読めると思います。
    森の動物達がやぎの郵便屋さんへプレゼントした物。。。郵便屋さんにぴったり素敵でした〜!

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    やぎがゆうびんやさんというと歌でもあるように「お手紙を食べてしまわないかな?」と少し思ってしまいましたがそんなことはなく、立派なゆうびんやぎさんでした。
    雨が降って届け先がわからなくなってこまってしまうやぎさん。みんなにだれが出したのかを訪ねますがなんだかみんなの様子がおかしい…?
    ラストは「よかったね」と言ってあげたくなるハッピーエンドで良いお話でした。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤いかばん

    郵便が今ブームなので
    図書館で借りてきました。
    息子はまっています。

    ヤギさんが毎日毎日手紙や荷物を運ぶ中で
    あれれ???
    宛名が消えた荷物が一つ。

    でもそれは日ごろの感謝の気持ちとして
    ヤギさんへのみんなからのプレゼント。
    中身は赤いかばん!

    ステキなお話しで元気が出ました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想われる幸せ

    作者さんが当時10才だったと知って、まず驚きました。
    ドキドキハラハラ、そして最後には心が温まる素敵なお話です。

    きっと主人公のヤギさんは、みんなのために一生懸命働くことが、好きなのでしょう。
    そして、いつも一生懸命に仕事をしているヤギさんのことを、みんな大好きなのでしょう。

    想って、想われる幸せ。
    日常では忘れてしまいがちですが、決して当たり前のことではないんですよね。
    大切なことを思い出させてくれる、あたたかい一冊です。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット