庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

わんぱくだんのはらっぱジャングル」 みんなの声

わんぱくだんのはらっぱジャングル 作:上野 与志
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年3月
ISBN:9784893256096
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,860
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • わたしと娘は無理かもしれない

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    わんぱくだんが小さくなって、
    はらっぱを冒険!    

    葉っぱをお船にして小川を下ったり、
    滝だ〜!と思っていたのが実は単なる流れの段差だったり、
    外野の世界から見る分にはとても面白いのですが、
    ダンゴムシと同等の大きさだったり、
    ちょうちょの粉がハラハラと頭上に落ちてきたりもするので、
    虫とか昆虫の嫌いな私と娘は、
    「うげぇ〜!」と呻きながら読みました、
    作者さんゴメンナサイ。

    虫たちと同じ大きさでなくてよかったと、
    改めて感じた一冊でした。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さくなっちゃった!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    いつものようにふしぎなことがわんぱくだんの身に!?
    小さくなると世界は変わるものですねー。
    体が小さくなったわんぱくだんの冒険にハラハラドキドキです。
    かまきり、こわいな!
    もどったあとのはらっぱを見ては冒険を振り返る我が子たちでした。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいわんぱくだん

    はらっぱで、小さくなったわんぱくだん。
    小さい体になると、はらっぱはジャングルのよう。
    はらっぱでの大冒険です。
    ちいさなカマキリが大きな怪獣のようですね。
    虫嫌いの息子は、普段からわんぱくだんみたいに冒険したいというけど、はらっぱジャングルだけは探検したくないと言っていました、笑。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり出てきました!!

    わんぱくだんの三人組が小さくなっていました。

    いつも小さかった生き物がとーっても大きくなっている

    ことがとても楽しかったようです。

    蝶々はあざやかでキレイでしたが、かまきりは

    ゾッとするくらい怖かったです。

    小川は大きな滝に変身!

    体がちいさくなると、はらっぱもジャングルになる。

    探検するには、十分の場所だなと思いました。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくどきどき!!

    今回は、わんぱくだんの3人が、はらっぱに行く
    のですが、みんなのからだが小さくなり、ただの
    はらっぱがジャングルにかわってしまいます!!
    タンポポなどのお花も、とっても大きいお花になり、
    ちょうちょなんて、まるで恐竜が空を飛んでいるか
    のようです!!
    そこへ、かまきりがあらわれて、追っかけてきます!!
    逃げられるかどうか、どきどきしながら読んでしまい
    ました♪
    わんぱくだんシリーズは、いつもわくわくどきどきを
    届けてくれるので、大好きなシリーズです♪

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワク、ドキドキ

    4〜5歳児に読みました
    表紙のあげはちょうが大きく描かれているので、それだけで子どもの心はわしづかみにされたように絵本に集中していきます
    もうわんぱくだんシリーズに親しんできた子どもたちは「どこで、違う世界にいっちゃうのかな〜?」とわくわく・・・
    期待を裏切ることなく到着したのは「はらっぱジャングル」
    おおきなだんごむしには「わ〜!」と歓声を上げて喜んでます
    それにしてもカマキリににらまれるとこわいですね〜
    子どもたちも、ドキドキしながらわんぱくだんを見守ってました
    ラストはカマキリを確認したくて子どもたちは次々と前に出てきてましたよ

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫ってこんな視界なんだな

    4歳長女に読みました。今回はわんぱくだん3人が小さくなってしまいます。

    かまきりは動くものだけに反応するんですね。初めて親子で知りました。このまま見つからずにすむかなと思ったら、ひろしくんが・・・。このシリーズは親子で冒険をしてる感覚になってしまい、娘と私もドキドキしてしまいました。

    最後に一生懸命に3人を探すカマキリには娘と笑ってしまいました。春にオススメの絵本です。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きさがかわったのがわかってない??

    わんぱくだんをすでに知っていた娘のために、そうして知らなかった
    私のために(笑)読みました。
    わんぱくだんは小学生くらいかしら?自分が小さかった頃、危ない
    場所にクラスメート達と遊びに行ったりしたことを思い出しました。
    「だれもしらないばしょ」に行くわんぱくだん。自分だったら、おもし
    ろそう!行ってみたい!と思うのですが、娘がそんな場所に行くのは
    ちょっと困るなあと思ってしまいます(神経質過ぎるかな?それとも
    親になるとみんなこんな風に思うのかな?)。

    ちいさなかわをとびこえたとたん、わんぱくだんは体が小さくなって
    しまうのですが、娘の様子を見ていると「あれ?体が小さくなって
    いるのをわかってないかな?」と思ってしまいました。
    たんぽぽやおおいぬのふぐりの絵を見ても(娘はもちろんこのお花を
    知っています)、「わんぱくだんが小さくなった」というより
    「お花が大きい」と思い込んでいるふしが(笑)。
    大きなあげはちょうが登場し、ひろしが「ぼくたちがちいさいんだ」
    と言った時点で「ちいさくなったんだ」と、わかったようでは
    ありますが、驚きがない(笑)。

    ああ、だとしたら。
    娘くらいの年齢の子どもは、もしかして大きくなったり小さくなったり
    というのは驚きじゃないのかもしれないなあと思いました。当たり前に
    思える・・もしかしたら娘自身もいつも大きくなったり小さくなったり
    しているのかもしれません。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんぱくだんの春

    たんぽぽやチョウチョが登場するので、今の季節にピッタリだと思います。
    今回のわんぱくだんは、体が小さくなってしまいます。
    なんでもない原っぱも、ジャングルになってしまいましたね。
    昆虫がたくさんでてきましたが、かなりの迫力でした。
    カマキリは動くものにだけ反応するということが、ひとつ勉強になりました。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとのかまきりさん

    うちの子は目下虫に夢中!!バッタとかはいっぱい見つけれるのですが、カマキリはなかなか発見できていません。子供のイメージではカマキリはかっこよくて優しいイメージだったそうです。この本では怖い感じに描かれているので、ちょっとショックうけてました。でも最後には「カマキリ好き」って言ってました。本物捕まえてみようね!

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット