しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

わんぱくだんのはらっぱジャングル」 みんなの声

わんぱくだんのはらっぱジャングル 作:上野 与志
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年3月
ISBN:9784893256096
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,010
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • わたしと娘は無理かもしれない

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    わんぱくだんが小さくなって、
    はらっぱを冒険!    

    葉っぱをお船にして小川を下ったり、
    滝だ〜!と思っていたのが実は単なる流れの段差だったり、
    外野の世界から見る分にはとても面白いのですが、
    ダンゴムシと同等の大きさだったり、
    ちょうちょの粉がハラハラと頭上に落ちてきたりもするので、
    虫とか昆虫の嫌いな私と娘は、
    「うげぇ〜!」と呻きながら読みました、
    作者さんゴメンナサイ。

    虫たちと同じ大きさでなくてよかったと、
    改めて感じた一冊でした。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいわんぱくだん

    はらっぱで、小さくなったわんぱくだん。
    小さい体になると、はらっぱはジャングルのよう。
    はらっぱでの大冒険です。
    ちいさなカマキリが大きな怪獣のようですね。
    虫嫌いの息子は、普段からわんぱくだんみたいに冒険したいというけど、はらっぱジャングルだけは探検したくないと言っていました、笑。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくどきどき!!

    今回は、わんぱくだんの3人が、はらっぱに行く
    のですが、みんなのからだが小さくなり、ただの
    はらっぱがジャングルにかわってしまいます!!
    タンポポなどのお花も、とっても大きいお花になり、
    ちょうちょなんて、まるで恐竜が空を飛んでいるか
    のようです!!
    そこへ、かまきりがあらわれて、追っかけてきます!!
    逃げられるかどうか、どきどきしながら読んでしまい
    ました♪
    わんぱくだんシリーズは、いつもわくわくどきどきを
    届けてくれるので、大好きなシリーズです♪

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワク、ドキドキ

    4〜5歳児に読みました
    表紙のあげはちょうが大きく描かれているので、それだけで子どもの心はわしづかみにされたように絵本に集中していきます
    もうわんぱくだんシリーズに親しんできた子どもたちは「どこで、違う世界にいっちゃうのかな〜?」とわくわく・・・
    期待を裏切ることなく到着したのは「はらっぱジャングル」
    おおきなだんごむしには「わ〜!」と歓声を上げて喜んでます
    それにしてもカマキリににらまれるとこわいですね〜
    子どもたちも、ドキドキしながらわんぱくだんを見守ってました
    ラストはカマキリを確認したくて子どもたちは次々と前に出てきてましたよ

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫ってこんな視界なんだな

    4歳長女に読みました。今回はわんぱくだん3人が小さくなってしまいます。

    かまきりは動くものだけに反応するんですね。初めて親子で知りました。このまま見つからずにすむかなと思ったら、ひろしくんが・・・。このシリーズは親子で冒険をしてる感覚になってしまい、娘と私もドキドキしてしまいました。

    最後に一生懸命に3人を探すカマキリには娘と笑ってしまいました。春にオススメの絵本です。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとのかまきりさん

    うちの子は目下虫に夢中!!バッタとかはいっぱい見つけれるのですが、カマキリはなかなか発見できていません。子供のイメージではカマキリはかっこよくて優しいイメージだったそうです。この本では怖い感じに描かれているので、ちょっとショックうけてました。でも最後には「カマキリ好き」って言ってました。本物捕まえてみようね!

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで小さくなれたんだろう?いいな〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    「なんで小さくなれたんだろう?いいな〜」と、読み終わって、下の子にいわれました。
    ホント、こんなに楽しい冒険ができるなんで、いったいどんな魔法の仕掛けが働いたんでしょう?

    末崎茂樹さんの描かれた、作中に登場する昆虫たちが、結構リアルで、かまきりのアップシーンでは、子どもが思わずどきりとした顔をして見てました。

    この絵本はシリーズがあるようなので、今度他の作品も読んでみたいと思います。
    幼稚園くらいから、小学校中学年くらいまでお薦めします。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な冒険

    『わんぱくだん』のなかよし三人組。
    今回は、はらっぱで遊んでいると三人の体がちっちゃくなり、原っぱはジャングルのように、虫たちは巨大に・・・。
    わんぱくだんのお話は不思議で夢があるお話ですよね。
    あり得ない世界ですが、ぐっとお話の中に引き込まれてしまいます。
    人間からみたら、なんてことのない原っぱも、虫たちにしたらジャングルですよね。虫の目線が味わえます。
    巨大なかまきりが追いかけてくる場面は虫嫌いの子には怖いかもしれませんが、娘は楽しんで見ていましたよ!
    このシリーズを読むと、絵本っていいなぁと思います。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険心をくすぐる絵本☆

    小学1年・2年の娘息子が喜んだ1冊。
    「秘密の遊び場にしちゃおう!!」と、見つけたはらっぱで不思議体験。体が小さくなっちゃって、はらっぱがジャングルに・・・。

    小さな虫たちが、大きくなって目の前に現れるなんて、一度は体験してみたい!?ですよね。

    きれいな光るつぶは魔法のじゅうたんみたいなあげはちょう。
    大きなかまきりは恐竜のように見えるのかしら。

    想像する楽しさと、冒険心をくすぐる1冊です。

    掲載日:2008/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かまきりから逃げろ〜!!!

    息子達の大好きなわんぱくだんシリーズです。
    けんが誰も知らないはらっぱを見つけ、
    くみとひろしと一緒にはらっぱで遊んでいると・・・
    さあどうなる?

    このシリーズ本当に面白いです。
    保育園でも流行っていて先生方にも好評の絵本です。
    うちの子は毎回、けん達を羨ましがってますよ。
    楽しい夢のある絵本です。

    掲載日:2008/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット