くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ふゆのようせい ジャック・フロスト」 みんなの声

ふゆのようせい ジャック・フロスト 作・絵:カズノ・コハラ
訳:石津 ちひろ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784895728027
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,722
みんなの声 総数 20
「ふゆのようせい ジャック・フロスト」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 版画が素敵なやさしい絵本です。

    本屋でパッと目を引いた鮮やかな青と白の表紙のかわいい絵本。
    最初は自分の部屋に飾っておこうと思って購入しました。

    突然家の外にやってきたふゆのようせい。
    ジャックフロストと楽しく冬のひとときを過ごしたけれど、思わず口に出た言葉でジャックフロストは春の訪れとともに消えてしまいます。
    約束を守ろうとする大切な気持ちを子どもに感じてもらえたらいいな。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 雪遊び

    前作「おばけやしきにおひっこし」では、オレンジと黒のハロウィン風で目を惹きましたが、今度は青と白。
    絵がすっきりと見やすく、彩り鮮やかで平置きにすると目立ちます。

    お話も前回より好きだな。
    楽しい冬遊び、でも春の訪れを待つ本能というか、気持ちがよく伝わってきます。
    ただ全体的に深みがなく何回も読みません。
    未就園児と読むと、もっと楽しいだろうな。雪遊びの後なんか、読みどきかも。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 綺麗な氷の模様が張り付いて

     日本の方の作品とは思いませんでした。
     版画かしら?
     青と白だけで、冬が表されていました。
     
     私が小学生の頃は、教室の窓ガラスにも、大きな雪の結晶の様な綺麗な氷の模様が張り付いていました。
     今は室内暖房もあったかで、二重窓ですから、相当冷え込んでも見ることができません。
     ず〜っと忘れていた光景です。
     そういえば時々、車庫に入れずにおいた車のフロントガラスに少しできますが、あんなに綺麗ではありません。

     コリンとジャック・フロストくんが可愛い。
     二人で楽しそうに、冬ならではのいろんな遊びをしているんです。
     雪だるまが上手です。
     ジャック・フロストくんの最後の一言がいいですね。

     小さなお子さんが、とっても楽しめる一冊だと思います。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 青い版画と冬の遊びと

    あれ?
    ハロウィンの絵本の人の絵だ!!
    と、雪コーナーから見つけたこの作品

    ハロウィンの絵本は
    「おばけやしきにおひっこし」
    カズノさんは
    イギリスに住んでいるんですね?

    ジャックフロストは、冬になると
    「霜」を運んでくる
    イングランドの妖精だそうです

    「雪」ではなく
    「霜」なんですね!?
    へぇ〜っ

    つまらなそうな部屋の中は
    ねずみ色に近い水色と黒

    ところが、フロストと出逢う場面から
    美しい水色と青と白の版画
    素敵です〜!!

    出逢い方、仲良くなる遊びが
    こどもの世界そのまんま
    いいですよ〜
    わんちゃんも一緒で
    いいあじ出してます

    そして、言っちゃいけない「春のはなし」
    守っていたのに
    つい出た言葉は・・・

    そして、フロストが消える場面の美しいこと!!

    冬の楽しみを見つけることが出来て
    来年の冬が楽しみになります

    おはなし会で、読んでみたいです!

    これ・・・ほしい・・・です(笑

    掲載日:2018/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬にぴったりの絵本

    冬らしい表紙にひかれてよんでみました。
    ふゆのようせいジャック・フロストとであったコリンたち。なかよくあそぶ様子に、冬もいいなと思ってしまいます。でも、ついに春がやってきて・・・。
    冬から春への季節のかわりめが、シンプルだけど、すてきにえがかれていました。青と白の版画もすてきだし、寒い冬によみたい絵本です。

    掲載日:2017/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい青と白の版画が綺麗です!

    カズノ・コハラさんの青と白の版画が綺麗でお洒落です。冬の妖精と楽しく遊ぶ様子が読んでいても無邪気でいいなあと思いました。雪遊び、楽しい冬の遊びが雪国でない私には、雪国の冬の遊びがとても美しくて憧れました。

    掲載日:2017/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の楽しみ

    雪の降る冬、ジャックフロストが色々な形の氷の粒をふりまく様子はさぞ、綺麗だったでしょうね。コリンが思わず外に出てみた気持ちがわかるきがしました。ジャックフロストと遊ぶ様子もとても楽しそうです。でも、いつしかやっぱり春が来てしまいました。「らいねんも、またあおうね〜」と言って消えていったジャックフロスト。また会えるといいな〜^^

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれです

    青の濃淡と白だけで表現された版画の絵本です。
    みているだけでおしゃれなんだけれど
    それだけじゃなく
    内容もとても充実しています。

    冬の妖精と友達になったコリンは
    その友達関係持続のために
    春の話はしないと約束します。
    でも・・・我慢できないよねー・・春の気配に思わず口にする言葉・・。

    予測された別れと、予測できる再会が暖かい気持ちにしてくれる。
    そんな一冊です。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春が来たら…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    春が来たらお別れの運命の冬の妖精ジャックフロスト。
    男の子と犬となかよく遊びます。
    最後はやっぱりお別れよね…と思いつつ読みました。
    ですが、悲しいお別れではなく、また来年といった終わりだったので安心しました。
    こんな妖精がいっしょに遊んでくれたら冬も好きになれるのでは。
    春の妖精も来るのかなー?

    掲載日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • また会おうねー

    カズノ・コハラさんの版画で描かれたおしゃれな絵本が大好きです。『おばけやしきにおひっこし』や『よるのとしょかん』『まほうつかいのトビィ』どれも大好きですが、こちらもまたきれいで素敵な絵本でした。
    冬が嫌いだったコリン。冬の妖精ジャック・フロストと出会ったことで冬を楽しく過ごせるようになります。
    きれいな水色と白のコントラストがとってもきれいで、とっても爽やか。ページをめくるのがとても楽しくて、ラストの「来年の冬、また会おうねー!」というジャック・フロストのセリフが何ともうれしかったです。

    掲載日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット