しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

オキクルミのぼうけん」 みんなの声

オキクルミのぼうけん 作:萱野茂
絵:斎藤 博之
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784338010153
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オキクルミがアイヌの地に来るための試練の物語。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    アイヌ神話の絵本。
    作者の萱野さんはご自身が母語としてアイヌ語と日本をの両方で育ったそうで、アイヌ文化の伝承者・研究家のお一人だそうです。

    アイヌ建国時のヒーロー『オキクルミ(アイヌラック)』がアイヌの地に来るためにいろいろな試練を超えたり、その後のアイヌ建国のあれこれ描いた冒険物語です。

    斎藤博之さんの骨太なイラストを見ると、オキクルミは男の中の男というイメージがとても強いです。
    果敢で前向きで、それでいて人間くさいところがあるというか、神さまに分類されているけれど、感情の起伏が結構あって、人間臭いところも見受けられます。(半分人間の血が混じっているとも言われているせいでしょうか)

    こんなにまでしてオキクルミはアイヌの地に来たかったんですね〜。
    なかなか興味深い面白い物語ですが、建国の話はやや難しく感じる子もいると思うので、子どもたちに薦めるのなら小学校高学年以上がいいと思います。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若いオキクルミは、アイヌの国へ行きたいと、父神 母神に話すが 厳しい試練を与える、厳しい試練に耐え抜き しかし 三つ目の 試練はけっして 笑ってはならないという 試練 でも 吹き出してしまう。

    でも どうしても行きたかったのですね!

    自分がこうしたいと決めたことを やり通そうとする、オキクルミの冒険心 あきらめない心があれば、やり通せるものなのですね!

    斉藤博之氏のすばらしい絵は、迫力もあり、動きがあってお話を引き立てているのが いいです!

    オキクルミは、アイヌの人々に生き方を一つ一つ教えるのです。
    人々は、 このようにして 火の起こし方や 食べ物の作り方を教わったのですね。

    こうした 生きる知恵を教えてもらったのに 掟を破るのです。

    この 掟を破ると言うことは 人間の弱さでもあるのだと 神は教えてくれているように思います。

    しかし オキクルミの優しさは、ひと味ちがうな〜 
    いつまでも アイヌの人々を愛して 守ってくれる 神を代わりにおいていくというのです 

    あっ 
     
    こんな アイヌに伝わる お話の中に 人間はどう生きたらいいのかを
    しっかり学ばないと このお話は、いつまでも 伝えられるのでしょうね。
     
    萱野 茂さんの 思いに熱いものを感じます。

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット