おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

岩波おはなしの本 10 ものいうなべ デンマークのたのしいお話」 みんなの声

岩波おはなしの本 10 ものいうなべ デンマークのたのしいお話 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1964年7月15日
ISBN:9784001103106
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 古さを感じない面白い本!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    日本での初版は1964年と、かなり古い本ですが、時代や古さを全く感じさせない。面白い昔話がたくさん載ってました。
    この本は、デンマークの昔話集だそうです。
    表題作は「ものいうなべですが」
    それ以外に「かあさん子のたからさがし」「まぬめなむすこ」「ふしぎなはいのう」「なんでも信ずるおひめさま」「おいしゃでたんてい」「しあわせばあさんものしりばあさん」「こしぬけのかいぶつたいじ」が載っています。

    風刺が効いていて、ユーモラスであったり、とんちが効いていたり…。読んでいて、クスクス笑ってしまいました。
    特に「かあさん子のたからさがし」「おいしゃでたんてい」「なんでも信ずるおひめさま」は、お薦めです。

    ただ、最近の子どもたちは見た目が古い本をあまり手にしてくれないので、いっそのこと、周りにいる大人が声に出して音読してあげるとか、完全に覚えて「語って」あげるのも、興味をひきだすいい方法かもしれません。

    一度ハマったら、どんどん読みたくなる面白さがあります。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット