大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

はらっぱにライオンがいるよ!」 みんなの声

はらっぱにライオンがいるよ! 作:マーヒー
絵:ウィリアムズ
訳:はましま よしこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年12月4日
ISBN:9784033274706
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
「はらっぱにライオンがいるよ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 想像力

    絵の色彩が綺麗で眺めていて想像を働かせるのが嬉しくなります。
    ライオンさんだってとても優しい目をしているし、林檎しか食べないライオンさんに親近感(?)が持てました。おかあさんもチムには、優しくて同じ視線にたとうとしているのに共感が持てました。部屋の様子を眺めているのも退屈しないし、魅入ってしまいました。改めて子どもの想像力のゆたかさに驚きました。

    掲載日:2010/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもには見える

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    子どもには見えるのに、おとなには見えないものがあるのかなあって、本を読みながら思いました。
    想像力いっぱいの子どもにだけ見えるものがあるとすれば、とってもうらやましい。
    子どもの心のままおとなになれれば一番いいんだけど、それが一番むずかしいところですね。
    本のなかお母さんのように、毎日やらなければいけないことがいっぱいのおとな。ちゃんと子どものことを見てるんだけどね。現実ばかりに目がいっていることを、ちょっぴり反省しました。

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんは、チムのことをちゃんと見てるよ

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    浜島代志子さんの講演を聞く機会があり、
    その場でこの絵本が販売されていたので迷わず購入しました。
    カラフルなようで派手すぎない絵がステキです。

    チムは「はらっぱにライオンがいるよ」って
    お母さんに言うのですが、
    お母さんは赤ちゃんのお世話と農家の仕事や家事に追われて、チムの話をまともに聞いてくれません。
    普通の家庭でもよくある光景ですよね。
    お母さんが、チムに応じて「お母さんもお話を作ってみるわね」と言うと、
    さらにチムの空想が広がっていきます。
    チムがこういう空想をするのは、
    お母さんに「もっとぼくのことを見て!」っていうアピールなのでしょうね。
    ライオンは、チムの寂しさが生み出した、優しい幻のようです。
    チムにとって、ドラゴンは、もしかしたら相手をしてくれない、ちょっと近寄りがたい、お母さんの化身だったのかもしれません。
    でも、お母さんは、ちゃんと絵本を読んでくれたり、おやすみなさいのキスをしてくれる・・・
    お母さんは、忙しくても、本当はチムのことを見てくれているんですよね。
    チムも一時寂しいと思ったけれど、最後にはきちんと満たされて、ライオンと一緒に眠ります。
    特に下に兄弟がいると、上の子が不満を抱かないまま大きくなるなんてことはないといってもいいでしょう。
    でも、その時々できちんとフォローをして満たしてあげられる、私もそんなお母さんでいたいと思います。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見れば見るほどに・・・・

    この絵本、見れば見るほどに謎はふかまります。

    そこにいるのはライオンだけでしょうか。

    わたしは言葉を発するライオンよりも、
    静かに、けれど強い意志をもってこちらを見つめてくる
    視線の方が気になってしまいます。

    彼らは意思をもつどころか、勝手に家中を歩き回ることが
    出来るようです。

    この話は確かに母親と子どもの心のズレを書いています。
    が、この本自体が絵本が語ろうとしている内容という気がしてなりません。
    内容ではなく、絵本全体が「それ」そのものなのです。

    母親には勿論見えていないもの
    子どもには当たり前の世界

    こちらをみつめる木馬
    窓から庭を見下ろすぬいぐるみ
    微笑む人形
    倒れたまま視線を外さないクマ
    椅子にたおれる少女

    そして、ベッドにはさまれたクマ・・・。

    人形を主として見ていくと、
    内容は一変、不気味で少し怖いものにも思えてしまうのです


    もの言わぬものたちは、何を語ろうとしているのでしょうか


    それこそがこの絵本の、親子の間にある真実だと思えるのです。

    掲載日:2008/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなただけに見える

    お母さん、原っぱにライオンがいるよ。でもお母さんは、そんなわけがないと繰り返すばかり。またおはなしを作ったのね、と。
    あまり何度も言っているうちに、今度はお母さんが「おはなし」を作りました。マッチ箱からドラゴンが出てくるおはなしです。でもお母さんは、おはなしだから現実ではないと言うのです。
    親と子のあいだに知らずに起こるズレをするどく問いかけ、共感をよぶ絵本。


    明るく優しい絵がまず目を惹きました。赤ちゃんを抱える母親、おもちゃが散らかる部屋など、絵や装飾に親子共々惹かれたのです。
    空想真っ只中のお年頃、4歳前の娘はお話にも興味津々。夜のトイレ、魔法使いが杖の先に明かりを灯して待っていてくれるやらプリキュアが光り輝いて応援してくれるやら、そんな頭のなかの不思議と生活する娘には、このチムは自分自身。そんな我が子を生温く見守っている私たち母親。
    毎晩読んで読んでと持ってきます。私も楽しく読んでいます。
    チムの下の赤ちゃんにも、ライオンが見えているのがおもしろい。トトロのよう。
    もう私たちには見えないのでしょうかねぇ。

    掲載日:2006/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニュージーランドっぽいのどかな風景

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    作者のマーヒーはニュージーランド出身のようです。私は最初、英語版をニュージーランド人の友人にもらいました。絵がとても緻密で優しくていいです。農場の若いお母さんが、散らかった家の中で赤ん坊と幼児の育児に奮闘?している様子がよくうかがえます。しかし、家の周囲にこれだけの畑と牧場があるのは、さすがにニュージーランド! その小さい男の子が、草地にライオンがいると空想するところから物語は始まります。お母さんは、その子をちょっとうるさく感じているのかもしれません。よくあることです。そして子供は、自分だけの空想の友達を持ち、成長するのかもしれません。我が家の5歳児にまだその兆候はありませんが……。そういえば我が家の子供たちは、この本のドラゴンの絵が好きで好きで、何度も真似して描いてもらいたがりました。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に迫力があります。

    男の子にしか見えないライオンさん。他にも、恐竜が見えたりもします。
    絵はとても綺麗で迫力があり、ライオンさんは本物みたい!
    物語は子供の純粋さや言葉の大切さが伝わってくる本です。

    掲載日:2003/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / アンディとらいおん / けっしてそうではありません / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット