もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねずみのはとこうかんしょ」 みんなの声

ねずみのはとこうかんしょ 作:みのだ やよい
絵:おおた ようこ
出版社:本の森
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年
ISBN:9784434022395
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,617
みんなの声 総数 3
「ねずみのはとこうかんしょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • えんがわがほしくなります

    娘が「これ借りる」と、図書館で持ってきた絵本です。
    たぶん本棚から出しやすい大きさだったというのと
    (たいていいつも小さめの絵本を「借りたい」と言って
    持ってくるのです。笑)、表紙がかわいらしかったから
    だと思われます。

    ただ、内容的には、ちょっと娘にはまだ早かったかな。
    歯が生え替わる時期に読んだ方が楽しめたと思います。
    うまくイメージできなかったみたいですから。
    ただ、「ケーキ作り」は、絶対ねずみさんたちと一緒に
    やりたがるだろうなあと思いました。
    私にはもちろん遅すぎるのですが(笑)、えんがわがある
    おうちに住みたいなあと思ってしまいました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯は大切☆

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    抜けた歯を投げたらねずみが拾いに・・・!
    歯をとても大切にするねずみの世界がおもしろかったです。
    宝石のように大切にされている歯を見ていると自分の歯を大切にしようという気持ちになってきます。
    息子は「○くんの歯もねずみが拾いにきて大切にするのかな〜?」と想像を膨らませていました。

    掲載日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯の大事さを知る

    発行は本の森
    しんちゃんは、歯がぬけてえんがわに捨てました。
    その捨てた歯をねずみさんが持って行き、ピンクいろのこめつぶを3つかんだらしんちゃんはねずみさんの国に出発です。そこでその歯はおうじょさまのプレゼントに。
    それからこのお話が始まります。
    この本で歯の大事さがわかると思います。

    掲載日:2003/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。


0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット