なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

森の娘マリア・シャプドレーヌ」 みんなの声

森の娘マリア・シャプドレーヌ 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年5月27日
ISBN:9784001108811
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 原作は「白き処女地」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    本を開くと表紙の裏の折り込みの部分に、邦訳者の小池昌代さんが書かれたこの物語の解説が載っています。

    原作が初めて出版されたのは1916年だそうです。そのあとフランスで1921年に出版されベストセラーになったとか…。
    開拓時代のカナダに渡ったフランス人の家族の話です。
    日本で最初にこのお話が知られたのは、「白き処女地<1934年>」というタイトルで撮らた映画だそうです。
    なんとなくニュアンスとしては分かりますが、それにしてもこの映画、すごい邦題タイトルですね〜。
    今回、クロアチアのアーティスト「ライカ・クペイジック」が画をつけて絵本になりました。

    タイトルに名前が載っているマリアが、このお話の主人公です。
    家族への愛を大切にしながら、厳しい開拓地に生きるマリアの将来の選択がどうなるのかが一番の見どころなので、
    どちらかというと、高校生以上の大人たち向けの絵本だと思います。

    絵画に興味のある人や、開拓時代のアメリカ(カナダ)の歴史に興味のある人にはお薦めです・。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット