なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ 作者レイ夫妻の長い旅」 みんなの声

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ 作者レイ夫妻の長い旅 作:ルイーズ・ボーデン
絵:アラン・ドラモンド
訳:福本友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,300+税
発行日:2006年7月14日
ISBN:9784001108873
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,395
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おさるのジョージができるまで

    9歳長女のリクエストで借りてきました。「おさるのジョージ」を世に出した夫婦のお話です。

    私自身昔の世界の歴史もわからない人間なので、読むのに結構な時間がかかってしまいました。長女にも難しかったようです。でも、ずっと夫婦で絵本作家をめざし頑張り、歴史的に大変な中頑張ったことは伝わったようです。

    これから「おさるのジョージ」を詠んだり、観たりするときに、また違った思い出読んだり見たりできそうです。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるのジョージの作者夫妻の物語

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おさるのジョージの作者夫妻の物語です。
    「おさるのジョージ」シリーズは3歳の娘が大好きですが、この本は小学生中学年以上くらいからかな?幼児では難しいと思います。
    最初はハンスという名前に馴染みがなく、「ん?」と思いましたが、後にH.A.レイという表記にしたのには読者を思ってのことだったんですね。
    作者たちのこと、時代時代のことがわかりました。
    やはり作者たちは動物が大好きなんですね。

    掲載日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージ誕生の背景は・・・

    私が小さいころから有名だった「ひとまねこざる」シリーズ。
    息子ももちろんジョージが大好きで、図書館のジョージシリーズは全巻読みつくしたほどです。
    なので、この本を見つけたときにすぐに手に取りました。

    この本では、レイ夫妻の人生が描かれています。
    どのようにして夫妻が知り合い、絵本を書くようになり、あのジョージが誕生したのか・・・。
    おりしも戦争の真っ最中、ユダヤ人だった彼らは欧州にいたんですね。どれだけ大変だったことか・・・。
    いくつもの幸運が重なって、無事アメリカ大陸にわたることができた夫妻。今我々が楽しくジョージの物語を読むことができるのには、こんなにもいろいろなことが背景にあったのですね。

    出版社とのやりとりが実際の手紙で紹介されていたり、几帳面だったレイ氏の手帳の中身が公開されていたりと、ドキュメンタリーとしても非常に真に迫る内容でした。

    絵本の体裁ですが内容はかなり難しいです。
    ジョージを読んで育った大人が楽しむ本、という気がします。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるのジョージ誕生の裏に

    私のブログでドイツの絵本について書いた時にコメントしてくださる方がいて読んでみたいと思っていた本です。

    「ひとまねこざる」「おさるのジョージ」は、ずっとアメリカの絵本という印象でした。

    明るい雰囲気で生き生きと動くジョージ、子どもの頃にジョージの魅力に魅了された子どもたちは多いと思います。

    レイ夫婦は、ユダヤ人でした。第二次世界大戦の中、二人が抱えた苦労や苦悩はこれだけでも想像がつきます。

    ドイツにいたこともある二人が仕事を通してブラジルで知り合ったというエピソードにはとても運命的な結びつきを感じました。

    激動の時代を抜けて、今私たちが手にすることができる「ひとまねこざる」シリーズ。

    改めて平和な世の中に住む幸せとありがたさを感じます。

    ただ、自分だけが幸せというだけでなく、そうでない国に住む人たちへの気持ちは決して忘れてはいけないものでしょう。

    絵本の体裁なので、高学年ぐらいから読めると思います。

    言葉にするのは難しいのですが、とても感銘を受けました。

    絵本作家や児童書の作家については資料が少なくて生い立ちなども知ることができないのですが、こうした形で読めてよかったと思いました。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット