なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

いたずら子犬ポシャンとポトム」 みんなの声

いたずら子犬ポシャンとポトム 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1986年4月18日
ISBN:9784001109955
評価スコア 3
評価ランキング 37,200
みんなの声 総数 1
「いたずら子犬ポシャンとポトム」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仲良く共生したい

    池に捨てたやんちゃな子犬が
    拾われて調教されて忠犬になったからって
    ショック死するほどショックを受けなくてもよかったのに
    じいさんはもともと心臓が悪かったのかな。

    私だったら拾われて調教されて忠犬になるより
    拾われないで自力で生きて自由でいたいです。

    私も動物に振り回されてるけど
    調教という方法ではなく仲良く共生したいなと思ってます。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ドロボービルのものがたり / むこうへいきたいあおむしくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット