大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

なにしてあそぼう ちゃんとりん」 みんなの声

なにしてあそぼう ちゃんとりん 作・絵:いとう ひろし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年5月
ISBN:9784033311807
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
「なにしてあそぼう ちゃんとりん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哲学的?

    2人の会話がなんだか哲学的?
    子どもにはむつかしいような、そうでもないような。。
    たんたんとした2人の会話が漫画のようにかかれていて、単純に楽しんで読むこともできます。
    単純にかわいくて、それでいて少し深ーい絵本です。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 会話の広がりを楽しむ絵本

    • すずらんぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子9歳

    うちの二人の娘も小学生。いつまでも子供扱いしてしまうのですが、時々びっくりするような大人びたことを言うので、びっくりさせられることがあります。
    この絵本の主人公「ちゃんとりん」のとりとめのない会話はユーモアたっぷりで、実は結構深い内容を話しています。例えば「独裁者のユーウツ」とか、「地球との一体感」、などなど。「意味わかってんのー?」と大人の私からすれば思わず突っ込んでしまいそうになるのですが、本人達としては大真面目なんですよね。作者は小学生の女の子のことをすごくよく理解されているなぁ、と感心しました。
    お話しはずっとコマ割りで進められていくので、漫画感覚で気軽に読めてしまいます。あんまり本を読まない‥という子もこの本なら大丈夫。
    大爆笑する本ではないけれど、「くくっ」とつい笑ってしまうおかしみにあふれた絵本です。裏表紙まで笑えるので、忘れず読んでくださいね。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2人の女の子が出てくる話なので、男の子だけのご家庭では、ちょっと読まないかな。
    でも、とっても面白いですよ。この2人、ちゃんとりんは会話が面白い。ちょっと哲学してます。(そこが「かんがえるかえるくん」の、かえるくんとねずみくんの会話を思い出してしまうの)
    例えばこんなとこ。初め、2人は「何して遊ぶか考える遊び」をするんだけど、1人がすぐ飽きちゃうのね。で、穴を掘りはじめる。
    その内、もう1人も掘るのを手伝いはじめるんだけど、穴を掘って出来た山の方が気になって、その上に登るの。
    「はっは はっは はっは ・・・」
    「面白い?」
    「ん。世界を征服したって 感じがするわよ」
    もう1人も真似してみるけど、「なんだか空しいわ」といって、すぐ降りてしまう。
    すると「独裁者のユーウツってやつよ」とくる。
    もう、いとうさんの感性に感動してしまいます。
    マンガみたいなコマわりになっているので、低学年からでも十分読めます。お薦めです。

    掲載日:2003/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット