だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

古代メソポタミアの物語 ルガルバンダ王子の冒険」 みんなの声

古代メソポタミアの物語 ルガルバンダ王子の冒険 作:キャシー・ヘンダソン(再話)
絵:ジェイン・レイ
訳:百々佑利子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784001112016
評価スコア 3
評価ランキング 36,919
みんなの声 総数 1
「古代メソポタミアの物語 ルガルバンダ王子の冒険」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 文章が理解しにくいです

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    ルガルバンダは、5000年以上前のシュメールの国家、ウルクの3番目の王なのだそうです。そしてこの話は、粘土版に楔形文字で書かれた世界最古の物語なのだそうです。

    内容は、ルガルバンダが、父エンメルカル王のおこした戦いに7人の兄たちとともに同行し、途中で倒れてしまった後の出来事です。ルガルバンダは山の中の洞窟に置き去りにされますが、神の助けを得て起き上がり、霊鳥アンズー鳥に走り続けることができる力を与えてもらい、父の軍隊に追いつきます。軍隊は苦戦しますが、ルガルバンダがその走る力でウルクに残る女神のもとに父の伝言を伝えに行くことができて軍隊は助かる、というものです。

    歴史的な背景をある程度理解できる大人が読めば、昔の人はこんな世界観を持っていたのだな、と思えて興味深いですが、子供がこの絵本の内容を理解するのはかなり難しいように感じました。内容が独特なのはそれとして、話の流れが分かりやすくなるように、ほんの少し言葉を補うとか、冗長な部分は削るとか工夫があればまた違ったかもしれません。

    絵がとても素敵なだけに残念に思いました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット