しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

にゅるぺろりん」 みんなの声

にゅるぺろりん 作:谷川 俊太郎
絵:長 新太
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784861011344
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,616
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ぺろぺろキャンディから造形

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    どうです?表紙から、魅惑のオーラが出ていると思いませんか?
    題名も、背筋からせまりくる迫力です。
    長新太さんが描いた自由奔放な絵に、谷川俊太郎さんが言葉を添えます。
    一見ありふれたぺろぺろキャンディー。
    ぺろりん、となめたら、色々な造形が飛び出してくる趣向です。
    長新太さん特有の、オレンジやピンクを基調とした色彩の中、
    繰り広げられる犬のような、象のような、車のような・・・。
    谷川俊太郎さんの擬音も、愉快愉快。
    滑舌が難しいですが、間違えてもご愛嬌で、読み手も楽しみましょう。
    ラストは、何事もなかったかのような、なかなかのフィナーレだと思います。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議すぎる・・・

    とても不思議な絵本です。
    絵も不思議ですし、ストーリー展開も不思議です。
    「この絵本、楽しいのかなぁ?」と不安でした。
    どうやら娘にとっても不思議な世界だったようで、ちょっと食いつきは悪かったです。
    いつもはちゃんとページを見て私が読み終わるまで聞いている子なのですが、この絵本は自分でどんどんページをめくって勝手におしまいにしていました。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでおもしろい?

    こういう言葉っって、なんでおもしろいんでしょうね!!
    ノリノリで読んであげると、5ヶ月の娘も、ノリノリで
    聞いてくれます。
    にこにこ笑って、時には声を出して、喜んでくれるんで
    すよ♪
    絵も濃い色合いなので、楽しいのだと思います。
    ぜひ0歳のお子様に試してみてください♪

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもが笑いながら見ます

    • えほんほんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    さすが谷川さんの本!!て感じです。
    大人以上にこどもの心をくすぐるえほんの数々。
    これもまた、こどもは食い入るように見て、さらにケラケラ笑います。
    ペロペロキャンディーが知っているいろいろなものに変わっていくようす、そして『グルングルン』や『にゅるにゅる』などの言葉も楽しくてたまらないようです。
    読み方を工夫するだけでも、さらに楽しめるようです。

    お兄ちゃんも2歳の頃大好きで、今度はおとうとがはまっています。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神さまふたり

    ペロペロキャンディーをぺろりん
    にゅるにゅるにゅる…
    何故なんだ?娘は、笑っている。
    「もこ もこもこ」以来、
    すっかり、このふしぎ擬音リズムのとりこです。

    その上、絵は長新太さん!!
    これはもう、神さまふたりのコラボです☆☆

    大人には??の擬音の世界。
    そこにナンセンスが絡み合い、クセになる面白さです!
    私は、「もこ もこもこ」よりこっちが好きです☆

    掲載日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児の好きなオノマトペ

    幼児相手の読み聞かせにチャレンジ。
    日頃、小学校中学年から中学生に合わせた選書をしているのでかなり迷いました。
    ストーリーよりも言葉と絵を意識して借りてきましたが、にわかづくりではかなり難しい本だと感じました。
    谷川さんが紡ぎ出すオノマトペと長さんのホンワリした絵。
    それは見事にかみ合っていて、小さな子どもたちにはうけそうですが、この手の本読みはリズム感と滑らかさです。
    音で自動車やゾウやいろいろなものをイメージさせなければいけない。
    これはちょっと私には難しかった。
    ことばがくっつきながら踊っていて、直接モノを表わす単語をつかわずにモノをイメージさせるという絵本でした。

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか気になる・・・

    内容はメチャクチャです。笑
    でもそこが子供の発想に近い気がして、なんとなく二人で何度も読み返しています。
    いまだに二人とも理解していないけど、それで「いいんだぁ」って思わせる内容で、色使いも大胆で目を離せない説得力のようなものを感じます。
    結局にゅるぺろりんは飴ちゃんだと思うんですが、その動きはまるで妖怪・・・。楽しい絵本です。

    掲載日:2010/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想の世界

    ぺろぺろキャンディーのしましまが
    にょろにょろと伸びて色んな形を作ります。

    子供の空想の世界って自由な発想でこんな風に
    柔軟に変わっていくのでしょう。

    擬音語が多く、その音にも喜んで見入っていました。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きてるペロペロキャンディー

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    娘のお友達に面白いと勧められた絵本。
    確かに面白い!確かに『にゅるぺろりん』としていました!

    長さんの斬新な色使いの怪しくも美しい絵が文書(言葉)どおりで、まるでペロペロキャンディーが生きているみたいです☆

    単純な言葉が子供にうけて、文字は読めないながらも自分でにゅるにゅるとかにょろにょろとか言いながら一生懸命に何度も読んでいました。
    2歳の息子もとても面白がって見ていました。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮やかな色が、目に飛び込んでくる。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    『あかちゃん絵本』です。
    長新太さんが描かれた奇妙な絵(?)に、谷川俊太郎さんが、文章をつけました。
    オレンジ色を基調にして、ぺろぺろキャンディーが、『にゅるぺろりん』と色んな形に大変身!

    赤ちゃんの目には、かなりすごい勢いで飛び込んでくることでしょう。
    おとなには、計り知れない世界ですが、こんな世界を作り出すとは、なんと大物のお二人さんなんでしょうね。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット