たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

こわーいはなし」 みんなの声

こわーいはなし 作・絵:せな けいこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1994年
ISBN:9784790260530
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,384
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • おばけもふるえるこわ〜いはなし

    まいごのおばけに道をたずねられて、ビックリして逃げ帰るうさぎ。
    どれほど怖かったかを家族に説明し、それをきいた家族がまた別の家族に・・・。
    話はどんどん尾ひれがついて・・・。
    それを聞いたおばけが、逆にビックリして逃げ帰るってお話です。
    うさぎ家族の説明で、デフォルメされていくおばけが描かれているのですが、
    4歳の娘は、本物のおばけとの区別が難しいようでした。
    でも、ストーリーといい、絵といい、せなけいこさんは
    やっぱりスゴイです☆ウマイです♪
    個人的には、すごく好きな作品です!!

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 噂が噂を呼んで・・・

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    可愛い小さいおばけが、うさぎに道を聞こうとしたら・・・噂が噂を呼んで大きなこわーいおばけに!!!

    キョトンとした可愛いおばけの表情がせなけいこさんの貼り絵の持ち味で、なんとも温かい作品です。
    子うさぎが、泣きながらお母さんウサギに大きなこわーいおばけのお話するところを、小さいおばけが聞いてしまい、泣きながらお母さんおばけに話しをするところが、子うさぎも小さいおばけもとても可愛らしく、母性本能をくすぐられます。

    怖いことがあったときは、やっぱりお母さんが一番なんだな〜と実感できるお話です。子供と喧嘩してしまったときや、子供を叱りすぎてしまったときなど、この本を一緒に読んで、子うさぎや小さいおばけみたいに、子供をギュッと抱きしめてあげるのに良いキッカケになると思いますよ。

    掲載日:2008/08/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんどん話が大きくなっていく

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    ちいさなおばけを見たうさぎが帰ってみんなにおばけの話をします。次から次へとおばけの話が怖いものになっていって…。人づてのお話ってこうしたことはありがちですよね(笑)。
    子供たちにはまだちょっと早かったかも。人づてに話が大きくなっていくということがよく分からなかったのではないかなと思いました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさいおばけ

    ちいさい可愛いおばけなのに、噂で話はどんどん膨らんでいって怖いおばけになっていくのが面白いのですが、やっぱり「噂」は、怖いなあって思いました。でも、うさぎのおかあさんや、おばけのおかあさんは、やっぱり頼りがいがあるし、安心して甘えられてやっぱりお母さんの存在は一番だと思いました。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらあら

    山の中で迷子になったうさぎさんは、こわーいおばけに出会い、いそいで家に帰ります。そして、山で出会ったこわーいおばけの話をします。それが、次から次へと、どんどん話が大きくなっていき、最後はどんなオチで終わるのか。楽しみな絵本ですよ。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真冬の怪談?

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    以前は、せなけいこさんのおばけのお話は、あまり好きではありませんでした。
    娘への読み聞かせは、なかったように思います。
    でも、最近、ようやく、読んでみたくなってきました。
    なつ・・・ということもありますから。
    怖い話はつきものでしょう?

    で、借りてきた絵本がこれなんですが・・・真冬のはなし?

    雪の降る日に、ちいさなおばけが、山の中でまいごになりました。
    そこへやってきたうさぎに、道を尋ねようとしたら、
    うさぎはびっくりして、逃げ帰ってしまいます。

    家族に、怖かったおばけのことを話すうちに、
    尾ひれがついていって、ちいさなおばけは、
    終いにはとんでもなく怖くておおきなおばけになってしまっていました。

    おばけの姿も怖いけれど、もっと怖いのは、人のうわさばなしですよね。
    小さいお子さんにまだわからないでしょうけど。

    最後のおちは、とっても可愛いですね。
    自分のことが、こんなに大げさになっているなんて、
    つゆとも知らず・・・

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • これはキュート!

    これはなんともせなけいこさんらしい!
    表紙はちょっぴり寒くなるような怖さもあるけれど、中身はなんともかわいい!
    都市伝説とかってきっとこんなかんじなんだよね(笑)

    いろいろせなけいこさんの絵本は好きで読んでいるのですが、これは(おばけの)親子の愛みたいなのも感じられてなんだかホッコリするお話ですね。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妄想がふくらんで

    小さなかわいいオバケ。
    でも、やっぱりオバケはオバケなんですよね。
    ウサギに怖がられて、話が大きくふくらんで・・・

    オバケがどんどん怖くなっていく様子には、怖いどころか、おかしくなりました。
    話だけが一人歩きして、最後には本人の耳にも入るのですが、誰よりも怖がってはいませんでしたか?

    このオチが、うまいなーと思いました。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくない(笑)

    おばけの子をみたうさぎが怖がって、どんどん話に尾ひれがついて、牙が生えたり、角がはえたり、、、すごくこわそうなおばけの話になってしまいます。それを聞いたおばけの子が「こわい!」とおばけママに抱きつく話。

    娘が「ぜんぜんこわくなーい」と笑いながら読んでくれたので、好印象でした。確かに怖くないし、恐怖心を子供からとってくれそうな気がします。あとは、話には尾ひれがつくものだとか、聞いた以上に脚色してはいけないよとか、いろんな教訓も含まれていると思います。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、女の子7歳

    こわがりの娘が何回もよんで!と言ってくるおばけが出てくる本です。
    せなさんのおばけはとてもかわいいのですが、ねないこ・・・は娘には最後が怖すぎでした・・・
    この本も初めはとても怖がっていたんですが(自分で借りたのに・・・)、オチがとてもかわいいのでおばけ怖がりすぎる子にはお勧めです!

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット