もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

岩波少年文庫 魔女ジェニファとわたし」 みんなの声

岩波少年文庫 魔女ジェニファとわたし 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1989年03月
ISBN:9784001121148
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「岩波少年文庫 魔女ジェニファとわたし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は五年生

    • はなびやさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、

    引っ越してきてまだ友だちがいないエリザベスは、自分のことを魔女だという風変わりな女の子ジェニファと知り合いになります。

    ジェニファは自分のことを魔女だと言い、エリザベスは独特の雰囲気があるジェニファに惹かれ、見習いの魔女としてジェニファに言われることに従います。

    思春期の子どもの心情をうまく描くカニグズバーグの作品。ハロウィーンから始まること、風変わりな魔女の修行など、一度読んだ時からとても記憶に残る作品でした。

    息子も先に一人で読んでいたようで、二人で「ジェニファって変った子だよね」と盛り上がりました。

    エリザベスは実によく見ている女の子で近所のシンシアの二面性やお泊りに来た大人たちの言動行動の描写にはなるほどと思えるところがあります。

    五年生の女の子のお話なのでこの学年周辺の子が読むのにちょうどよさそうな内容の本だと思います。夏休みの読書にもいいですね。

    掲載日:2012/07/13

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット