1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!

「てぶくろをかいに 新装版 」 みんなの声

てぶくろをかいに 新装版 作:新美 南吉
絵:いもと ようこ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:1993年10月
ISBN:9784592760658
評価スコア 4.78
評価ランキング 322
みんなの声 総数 8
「てぶくろをかいに 新装版 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔からの絵本

    いもとようこさんの優しくて可愛い絵が大好きで
    子供達に読みました。

    このお話は子供の頃に読みなんとなく覚えていたのですが
    読んだ時、いくらお母さん狐が昔怖い思いをしたからと
    子狐だけに怖い人間の所にお使いに行かせるなんて
    私ならしないな。と親の視点で思いました。
    でもちゃんと可愛い手のサイズにあったてぶくろを
    買って母の元に帰ってきた子狐とお母さんの絵が
    親子の愛を感じさせとても良かったです。
    久々にこのお話読んだので次回は黒井健さんの絵の方も
    読んでみたいと思いました。

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作品全体にある優しさ。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    もうすぐ卒園する年長さんに、読み聞かせしました。
    ちょっと長めですが、三年間(二年間)、幼稚園で、
    絵本の読み聞かせを体験してきた子供達にとって、
    あまり苦にならないと思って。

    母狐が、子狐の片手を人の手に変えて、銅貨をにぎらせ、
    一人で、手袋を買わせに行かせるおはなしです。
    いもとようこさんの画面いっぱいの優しい絵が、
    幼稚園の読み聞かせにぴったりです。

    最初は、ざわついていた子供達も、
    子ぎつねがひとりで手袋を買いに行くあたりから、
    集中しはじめました。

    私の拙い読み聞かせに、必死で聞いてくれた子供達。
    子守唄のところで、口ずさむ子がいたときはうれしかったなぁ。
    名作の力のお陰で、最後まで無事に勤めを終えたことに感謝です。

    このおはなしから、何かを感じ取って、子供達の心の片隅に、
    少しでも、このおはなしが残ってくれればいいなと思った絵本でした。

    掲載日:2008/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母子の温かな時間

    初版の頃から、いもとようこ版のファンでした。
    4歳の娘に、長いしまだ早いかなと思いながら読んだら、気にいったようで、ときどきリクエストがかかります。
    しょっぱなから、まだ見ぬ積雪の表現に惹きこまれるようにして聞いています。
    お母さんとの温かな時間、というのが良いようです。
    大きな画面いっぱいに書かれたちぎり絵世界が、とても柔らかな印象の素敵な絵本です。

    黒井健さんの原画展で、初めて同作の挿絵を見ましたが、ずいぶん違っていて興味深かったです。

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に響きます

    • チホコさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳

    小学生の頃、この本が大好きで、子供にも読み聞かせたいと思い購入しました。

    いもとようこさんの絵が大好きなので、迷わずこちらを購入したのですが、文章が長いので、4歳の娘は飽きてしまうのではないかと思ったのですが、最後まで一言もしゃべらず聞き入っていました。

    子ぎつねが初めて雪を体験し、手が冷たくなってしまったので、母さんぎつねが心配して手袋を買ってあげようとするのですが、人間に対する恐怖心で母さんぎつねは町へは行けず、子ぎつねだけで行くというお話しですが、母さんぎつねの愛情が文章からも絵からも伝わり、泣きながら読み続けました。

    私はとても心配性なので、なかなか子供一人で外に行かせたり出来ません。しかし、自立や成長の為には必要な事なので、この母さんぎつねのように沢山の愛情を持って、口出しや手出しをせずに、子供の成長の一歩を見守ってあげられたらなぁと思いました。

    掲載日:2007/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねの表情

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子7歳

    絵は違っていましたが・・・
    私も幼き時代に読んだことがある絵本です。
    いもとさんの絵が気に入っている娘には丁度よかったと思います。
    きつねの表情ややさしさなどを感じとるのには、
    最高の絵ではないでしょうか?
    とても丁寧に書かれています。

    掲載日:2006/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての長めの絵本に

    叔母からのプレゼントで出会いました。
    いもとようこさんの絵が素敵です。

    私は小学生の時、授業で習ったし、大好きだったので、文章を懐かしく読みました。
    初めて読んだ時、娘は話に引き込まれ、最後まで集中して聞いていました。(いつもは質問攻めで、すぐ横道にそれてしまうのですが・・)

    人間の世界に、恐怖を感じる母狐と好奇心いっぱいの子狐。
    子狐は、先入観を持たない幼い娘と同じです。

    おつかい未体験の娘は、子狐が無事に手袋を買えるようにハラハラして見ています。

    娘は日により気に入る場面が違います。
    雪の描写、おまじないのシーン、町並みの描写、子守唄のシーンが好きみたいです。
    子狐の真似をして「おててがちんちんする」と甘えてくることもあります。

    読んだあと、母子でやさしい気持ちになれる本だと思います。

    掲載日:2006/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がポカポカになる絵本

    いもとようこさんの書くどうぶつの絵は、かわいらしくて温かくて大好きです。とりわけ、この絵本にでてくるきつねの親子はかわいらしいだけでなく、その豊かな表情にも見入ってしまいました。

    特に、子ギツネを一人で町にいかせざるをえなかった母ギツネの複雑な、そして少し寂しげな表情と、怖いもの知らずの無邪気で愛らしい子ギツネの表情がとても印象深く、愛情につつまれた親子のやりとりや、やさしい帽子屋さんとのやりとりがほのぼの温かく伝わってきました。

    2歳の息子がもう少し内容を理解できるようになったら、親子で一緒に読みたいと思います。

    掲載日:2006/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代版・手ぶくろを買いに、かしら?

    • モペットさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    あの有名な「手ぶくろを買いに」。確か小学校の教科書に載っていた記憶があります。ただ、私が読んだのは黒井健さんの作品。とても繊細な挿絵が印象的でした。
    たまたま見つけたこの作品。いもとようこさん絵を小さい頃から見てきた子供たちには、こちらの方が馴染みやすかったようです。
    最初に読んだとき、娘は母狐が街へ行けないのを不思議がっていました。でも「捕まえようとする人もいるよね」と言うと、「母狐は目立つし、子狐ならすぐ隠れられるよね」「母狐だけだと、どの大きさの手ぶくろを買うかわからないよね」と、自分なりに納得したようでした。
    子狐一人のお買い物。そこで出会ったのは優しい人間。それを知り、娘も安心したようでした。この話しを聞いて、母狐の人間への不信感は少しでも消えてくれたかな。私たち人間が動物たちを脅かしているんだ、と思い知らされた作品でした。

    掲載日:2003/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット