モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

岩波少年文庫 86 ぼくがぼくであること」 みんなの声

岩波少年文庫 86 ぼくがぼくであること 作:山中 恒
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2001年6月18日
ISBN:9784001140866
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親として読む

    この本を初めて読んだのは30年以上昔。
    当然自分は親ではなく、主人公の秀一に自分を重ね、自己主張と親を批判の目で見る世代でした。
    父母がいるから自分たちがいる。
    だけど、好きで生まれてきたわけじゃない。
    自分たちって何なのだろう。
    親の言うことって自分たちの都合に過ぎないんじゃないか。
    結構、生意気で扱いにくい息子だったような…。

    この本は、子どもたちの自立、家族の不安定さを真正面から描いています。
    崩壊しかけた家庭の中で、親に対する憐みさえ感じさせながら、社会見る目を育てていく話です。

    今、自分自身が親の立場として、子どもたちからそんな目で見られる立場になってしまいました。
    自分たちは壊れていないか?
    家庭としてほころびはないか?
    …。
    しかし、家族が成長するためには、ほころびや傷は必要かも知れない。
    などと感じ入って読み終えました。

    大人として読んでしまいましたが、あえて成長期の子どもたちに自分たちの目線から読んでほしい本です。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット