ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地」 みんなの声

岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地 作:イーヴ・ガーネット
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\720+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784001141597
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,639
みんなの声 総数 2
「岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろいと思いました

    リリー・ローズが、アイロンでじんけんをちぢめちゃうからどうするんだろうと思いました。

    リリー・ローズが、おかしをもらえないから、おくさまが出してくれたケーキをたくさん食べるところがおもしろかったです。

    どかんにかくれたジムのどかんが上に上がったからびっくりました。こわかったです。

    ジョンはパーティに行けたからとくしたなあと思いました。
    どのお話もおもしろかったです。

    きょうだいがたくさんいておもしろいと思いました。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 七人の子だくさん

    一人読みするなら高学年以上とあったので読むのを躊躇していたのですが、春休みを使って息子に読み聞かせしてみました。

    とてもよかったです。

    ラッグルスさん一家は七人の子だくさん。最初の名前のつけ方からおもしろくてクスクスと笑ってしまいました。

    おかみさんとのやりとりも下町の夫婦らしく軽快でこんな夫婦ありそうだなあと思いました。

    七人の子どもたちもそれぞれにいきいきとして、おかみさんの言いつけを守らないところなど、子どもらしいなあと思いました。

    そして、子どもたちを助けてくれる周りの大人たちの優しさも感じられました。

    長女のリリーローズ(12歳半)、ケート(11歳)、双子のジムとジョン9歳で四年生、ジョーは七歳という具合に、児童書を読むような年齢のお子さんのどれかに年齢が近そうなので、親近感を持って読み聞かせの場合は聞けるのではないかと思いました。

    一日一話的に読めて、それぞれの子どもたちのエピソードが読めるのでどの子もとても身近に感じました。

    訳は石井桃子さんということもあって安心して読めました。

    汽車が出てくるような時代設定なので、幾分は古いのですが、古き良き時代の良さが感じられます。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット