しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

みえない さんぽ ーこの あしあと だれの?ー」 みんなの声

みえない さんぽ ーこの あしあと だれの?ー 作・絵:ゲルダ・ミュ−ラ−
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年2月
ISBN:9784566007390
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,380
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • あしあとを追って

     冬の朝、家の中から農園の庭まで、あしあとがつづいています。でも人の姿も動物の姿もみえません。ほんとに誰のあしあとなのか、ワクワクします。
     文章も登場人物も見えないのに、あしあとを追っているだけで、楽しくなってきます。

     雪の庭の絵が、ていねいに描かれています。寒そうだけど、新鮮な空気感がつたわってきて気持ちいいなと思いました。

     あしあとのヒントが見返しに描かれています。見返しの男の子と、本ページのあしあとをあわせながら見るとおもしろいです。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 指でたどっちゃう

    文章はほとんどないのですが、いろいろな足跡が同時に出てくるので、ある程度成長しないと楽しむのは難しいかなぁと思いました。
    人間と犬の足跡だけがずっと継続で続いてあって、時々突発的にうさぎやカモの足跡が出てきます。
    子どもが、「まだ続いてるー」と言いながら、指でたどっていっていました。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子と犬と一緒に雪の中へ・・・・

    「あしあとを おいかけよう・・・・」と文字は、それだけで後は男の子の足跡と犬の足跡なので、一緒に雪の中をお散歩です。
    ベットから起きて裸足の足に靴下を履いて青い靴を赤い長靴に履き替えてと自分で考えながら想像するのも楽しいと思いました。足跡はカラスのも、野うさぎのも、馬のも、鴨のもあったりして面白いと思いました。足跡だけで自分で物語を想像するのも頭の活性化に役たちました。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついてけついてけ!

    文字のない絵本が好きで図書館で借りました。
    ひとりと一匹の足跡をおいかけて行く、シンプルで楽しい絵本です。
    息子とあーだこーだ言いながら一緒に楽しめるのでとても気に入りました。

    掲載日:2008/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力をかきたてます

    雪の朝、ベッドから起きてきた男の子。向かったのは洗面所。
    それから着替えて、食事をして、犬の散歩に出かける。
    そして犬の散歩から帰るまでの様子が描かれているのですが
    男の子や犬の姿はなく 足跡のみ。(最後のほうでチョロっと男の子とワンちゃんが顔を覗かせますがそれだけ)
    しかも文字が全くないので 辺りの景色と足跡で想像を膨らませることができる楽しい絵本です。
    どうやって読み聞かせようかな〜??と思い、ひとまずページをめくったら
    娘が楽しそうに一人で読み進めていました。
    ・・・のでそのまま娘の読むのを側で眺めていると
    全ての足跡に擬音をつけて読み進めることにしたようです^^
    娘:「ペタペタペタペタ」←家の中を裸足で男の子が歩いている様子らしい
      「(やたらと高い声で)キャンキャンキャン!!」「てくてくてくてく」
       ↑犬の散歩に出る様子。男の子は靴を履いたので擬音が変わったの?!(ちょっとビックリ)
    「チチチチチっ!」←鳥の足あと登場。
    「タッタッタッタッタ」←うさぎのあしあと登場。
    いろんな動物たちも登場してきて にぎやかに。
    でも足跡だけなんですけどね。
    それでも読み進めるうちに足跡だけなのに本当にそこに男の子がいて犬がいて
    実際やっている動作が目に見えるような気がしてくるから不思議なんですよね。それほど足跡の描き方が緻密で巧いっていうことだと思います。
    この絵本には別紙が付いています。
    それぞれの場面に合った男の子と犬の動作のイラストが載せてあって
    それぞれがどのページに当てはまるか照らし合わせられるようになっているんです。 ちょっとしたクイズ色が加わっていて面白いなーと思います

    掲載日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力豊かに・・・・

    • た〜ちさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子0歳

    文字がまったくない絵本。
    あしあとをずっとおって、これはだんなあしあとかな?って
    考えながらページをめくっていく。

    頭を使って、考えて、想像していく・・・・。
    どんどん楽しくなっていく。

    最初と最後にあしあとのヒントがでているので、
    ページをめくたっり、もどったり、絵を照らし合わせてみたり、
    すごく楽しめちゃう!

    楽しい1冊、読んでみてください。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んだあと、質問はしないでね。

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    お話はない、人の姿もない。この絵からどんなお話をみんなはつくるんだろう?
    試みはわかるが、読み終わってから、順番にお話を作ってみようとか、どこの絵が何番目だったかなんて、質問されるのはイヤだなあ。

    掲載日:2006/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな絵本ははじめてです。絵をじっくり見て、ページをめくるのだけでも楽しいのですが、姿の見えない登場人物たちを想像しながらページをめくるのも楽しいのです。そして見返しや付録の絵と場面を照らし合わせながら読むのも…
    作者の頭の柔らかさというか、ユニークな発想には脱帽です。お話しといっしょにゲームを楽しんでしまうような感じでしょうか?う〜む、初めての経験です。

    掲載日:2006/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見えないものを見てみよう!

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    文字は「あしあとを あいかけよう」とひとことあるだけ。
    それに一番最後のページまで足跡と、身の回りのものだけの絵です。
    つまり、人間・動物などの生き物は目に見えないというわけです。
    最後のページでやっと子どもと子犬がでてきますが、それまでの間、足跡をたどりながら、
    そして周りのものの動きをよ〜く見ながらお話を作って楽しみます。
    小さい子どもさんなら、何の足跡なのかな?と足跡だけ追わせながらそのとき何が起こっているのかおうちの方が助言してあげるといいと思います。
    もう少し大きくなったら自分でお話を考える事もできるでしょうね。
    きっと初めは簡単なお話しか出てこない子ども達も何度も読む(見る)うちに、どの絵本にも負けないくらい素敵な文章ができることでしょう。
    とっても素敵な素晴らしい絵本でした。

    掲載日:2003/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な冬の絵本

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     人物の代わりに足跡が登場し、主人公が何をしたのか想像しながら読む絵本。イラストにはペタペタと足跡がついていて、ここで一体何したのかな? 何話したのかな? などなどいろいろ思いを巡らせることができ親子間コミュニケーション倍増の絵本です。
     工夫してあるのが、見返しに主人公の子供と犬の行動が25ほど描かれていて、それがどのページのものなのか当てっこできるようになっている点です。おもしろい〜。
     娘もわたしも結構夢中になって、このイラストを眺めながら、あっちのページをめくり、こっちのページをめくり、行動と場面を一致させようと楽しみました。(この見返しの絵は別紙にもついています。)
     …で、ますます考えられている点は、この行動の正しい順番が裏表紙の見返しに示されているところ。つまり、これが一応解答(笑)になるわけです。
     わかって頂けたでしょうか〜〜。とにかく必見の価値ありのオランダの絵本です。イラストは丁寧に書き込まれた上品な感じの作品。好感持てます。娘が現在夢中になっている絵本です。冬のお散歩がかわいいですよ。

    掲載日:2003/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット