たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

岩波フォト絵本 猫さまとぼく」 みんなの声

岩波フォト絵本 猫さまとぼく 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2004年2月24日
ISBN:9784001153569
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「岩波フォト絵本 猫さまとぼく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 猫さまとわたし

    動物写真家の岩合さんの写真はどれも素敵だなあと思うのですが
    特に猫を撮らせたらもう最高!愛があるのだなあ、にゃんこに。
    私は猫好きで、夫も猫好き。
    なので以前、夫の誕生日プレゼントとしてこの絵本を贈ったのですが
    なぜかいまや娘の絵本箱に入っている(笑)。
    娘も、猫好きなのであります(動物全般好きだけど)。

    2歳の娘は「だれがなんて言っているか?」ということにとても
    興味があって毎日毎日うるさいのですが(「おトイレさんなんて
    言ってる?」「時計さんなんて言ってる?」「じいじなんて言う?」
    と言われ続けた日にゃ、もう・・)、この絵本を読んでいる時にも
    ご多分にもれず。
    岩合さんがいろいろ説明してくれている文章には目もくれず、
    写真を1枚1枚見ながら「このにゃあにゃはなんて言ってる?」と。
    猫は表情豊かですし、岩合さんの写真の撮り方が上手だから気にな
    ってしまう、というのもあるのだろうなあ。

    猫の柿右衛門ちゃんにまぶたを押してもらっている岩合さんの
    写真も載っています。娘もそれを真似て私のまぶたをもみもみして
    くれる。にゃんこもいいけど、うるさい娘もいいものだなあと
    思います。

    掲載日:2010/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 写真家岩合光昭さんがどうして猫を撮り続けるのか、自伝のような絵本です。
    写真を撮るのも、猫さまとの付きt合いも小さい頃から始tまっていたのですね。
    この本に猫はいっぱい出てきますが、写真集ではありません。
    文章を読みながら写真をみていくと、岩合さんが本当に楽しくてしょうがない様子が目に浮かんで来ます。
    そんなところを子どもたちに伝えたいと思います。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット