モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

あそび」 みんなの声

あそび 作・絵:ヘレン・オクセンバリー
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\400+税
発行日:1981年12月7日
ISBN:9784579400522
評価スコア 4.21
評価ランキング 15,630
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どうやって読めばいい?

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    子供に読む前に読んでみました。
    字がありません。
    でも絵を見ていると共感できます。
    おもちゃって沢山の遊び方があるし、おもちゃじゃなくても子供は色々な発想でおもちゃ同様楽しく遊ぶんですよね。
    まるで我が子を見ているようでした。
    絵にあたたかさを感じました。
    ただ、どうやってこの本を読み聞かせればいいか・・・
    読み手のセンスが出るでしょうね。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子も、箱や隙間に果敢にアタック!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    児童館でときどきお話会をやるので、本当に低年齢のお子さんたちが目を惹く絵本を探したいな〜と思って、図書館で検索してきました。
    ヘレン・オクセンバリーの《あかちゃんの絵本》シリーズです。

    この中にあかちゃんが自分で空き箱に入ってしまうシーンがあります。
    あとなべやお玉を持って遊んでいるシーンもあります。
    初めて子供や孫が誕生すると、大人はなんとなくおもちゃ屋さんに走って煌びやかな色や音の出るおもちゃを購入したがります。
    実は私も初めのこのときはそうでした。でも、子どもって、実は身近にあるごみ箱やティッシュケース、なべや手の届く引出なんかをいじるのが好きなんですよね〜。

    特にうちの下の子は、自分が入れそうな隙間や箱を見るたびにどんな小さなところでも果敢挑戦して潜り込んでいく子でした。
    なので、この絵本で箱の中にちょこんと納まっている赤ちゃんを見たとき、とっても懐かしくなりました。
    字は全くありませんが、赤ちゃんたちの興味を惹くこと間違いなし!と、思います。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの遊びがいっぱい

    赤ちゃんが好む遊びがいっぱいでことばを添えてあげやすかったです。
    字のない絵本なので赤ちゃんに語りかけてあげながら優しい気持ちで読めました。
    ぬいぐるみやボールといった身近なものばかりだったので読んだ後にそれらのおもちゃで遊んであげました。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの遊び

    赤ちゃんの遊びが紹介されているようです。
    その遊び方は、「うちの子と一緒だ」と思うようなやり方なのです。

    積み木をくずしたり、お鍋を太鼓にしたり、ダンボール箱に入ったり・・・
    赤ちゃんって、おもちゃよりも本物で遊ぶことが好きですよね。
    そんな姿をよくとらえていると思いました。
    イタズラと思えるような行動も、遊びとして本にまとめられているので、イタズラではなく遊びなんだと考えられました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉がなくても

    言葉がないので、そのものの名前を言ったり、
    そこで発せられるだろう音を言ってみたり、
    遊んでいる子の気持ちになって言葉をいってみたりしています。
    娘ひとりでじーっと絵を見てはページをめくっていることもしばしば。
    きっと子供が絵本から受け取るものって、
    大人が考えているよりずっと多いのかなと思ったりします。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私と同じ!

    出産したばかりの時住んでいた地域の役所からブックスタート事業で
    最初に頂いた本です。
    絵だけの絵本なので、読み手次第で色んな読み方ができるところが
    魅力だと思います。
    積み木を崩したり、私と同じことをしている!、と娘も絵本の中の
    赤ちゃんに共感しているようでした。

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生後まもなく

    生後間もなくから読んでいます。
    といっても、絵のみで文字はないので、自分でストーリーは毎回作っています。

    鮮やかな色遣いと絵のみということで、初めての絵本にはとてもいいと思います。

    子どもは反応するような年齢でもなかったのですが・・
    根気よく毎日読んでいるうちに、気づいたら絵本好きな子になりました。
    現在10か月ですが、日に20冊は読んでいます。

    掲載日:2010/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字のない絵本

    字のない絵本に出会ったのはこのシリーズです。字のない絵本って、見た感じ、ただの絵だけなのでどこか静けさを感じますが、それを読み手であるお母さんやお父さんの力で、何倍も楽しいものに変えられるところが魅力だと思います。何もないところから絵を見るだけで単語を考えたりお話を作ったりすることで、話す力も鍛えられ、普段の語りかけもスムーズにできるようになりました。字のない絵本はおすすめです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパとママのお話合戦

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     長男の3ヶ月健診のときにいただきました。オクセンバリーさんの本は「きょうはみんなでくまがりだ」で大好きだったので、うれしかったです。 
     が、字がない絵本。
     ここは、読み聞かせの腕の見せ所とばかりに、パパとママでお話作りを競って読み聞かせています。
     0歳児の本人より、むしろお姉ちゃん達の方が喜んで聞いています。
     積み木を崩すところ。クマのぬいぐるみと戯れるところ。
     みんな、赤ちゃんが誰でもやることばかり。だから、お話は無限に広がっていきます。
     
     今のところ我が家では、パパの方が子供達の受けがいいお話を作っている気がします。面白いお話作りではパパの方が軍パイがあるので、この本はぜひ、パパ達にお勧めです。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字がないから・・・

    赤ちゃんの身近にあるもの。
    ぬいぐるみ、ぼーる、積み木・・・
    でも鍋だってなんだっておもちゃになっちゃうんですよね。

    文字がないので、
    「これ、何かな?何して遊んでるのかなぁ?」
    などと語りかけながら読んであげていました。

    初めての育児だと、赤ちゃんのおもちゃだって何がいいのかわからないもの。
    ダンボールに入っている絵をみて、「あっ、こんなものもおもちゃになるのか!」と気付かされました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット