雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

岩波世界児童文学集 白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話」 みんなの声

岩波世界児童文学集 白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2003年5月22日
ISBN:9784001157130
評価スコア 4
評価ランキング 22,675
みんなの声 総数 1
「岩波世界児童文学集 白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一日一話に子どもに語ってやりたい昔話集

    中国の昔話を手がけられる君島久子さんと挿絵が赤羽末吉さんという豪華なコンビの本です。

    絵本ではないので、耳で聞く昔話となるでしょう。

    このお二人のコンビで絵本にもなっている「九人のきょうだい」に始まり、中国のいろいろな民族の昔話が6話収録されています。

    「ねこ先生と、とらのおでし」という、こちらも題名は違いますが、絵本にもあるねこにとらが教えをこう話などは馴染みもあるので、馴染みやすいお話が多い気がしました。

    「くじゃくひめ」は「天女の羽衣」に似た要素を感じました。

    中でも息子が早く話を聞きたがったのが、表題にもなっている『白いりゅうと黒いりゅう」です。

    本物の黒いりゅうと木彫りの白いりゅうが戦うという壮大なスケールのお話でもあり、息子も魅了されたようでした。

    君島さんの訳は読みやすく、また中国をよくご存知な赤羽さんの挿絵ということで、

    あとがきによれば、君島さんの仕事を助けられたのが赤羽さんとあるので、中国に精通され取材もされている赤羽さんならではの作品だと思いました。

    昔話はやはり誰かに語ってもらって聞くのが一番と思いますので、一日一話的に子どもに語ってやりたい昔話集です。

    掲載日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット