もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おっと おとしもの」 みんなの声

おっと おとしもの 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784871100649
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,050
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • なんどもなんども

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    一度目はそのままストーリーを。二度目は他の人の探し物を。三度目はどの人がおとしものを拾ってくれたのかな、というようになんども読み返し、楽しめる絵本だと思います。
    いろいろなおとしものや登場人物をこまかく観察するのも楽しいです。
    子どもは捨てられたゴミをお掃除しているおじさんの怒った顔が印象的なようでした。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時系列で読む

    一つの道路の様子を時系列で話が進んでいきます。男の子が紐でつながっていたトラックの荷台がなくなっていることに気が付き、探しにでかけます。探しながら、道を歩くと色々なものが落ちていることに気が付きます。すれ違った人達が、話ででてくる事柄と微妙につながりがあって面白くさせています。

    この手の面白さは4歳児だとしっくりこないようです。読み聞かせ側としては楽しいんだけど。ただ、あれ?これ前の方で出てきたような?と問いかけるとページをめくって探したりして楽しめます。

    ページをめくって、繋がりを探したりする絵本は中々ないかな。
    そういった楽しさがあります。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読み返せる楽しさ

    男の子がおもちゃのトラックの半分をどこかでおとしてしまいます。
    どこでおとしたかよーく探していきますが見つかりません。
    よく道をみると、いろんなものが落ちています。途中でいろんな人と出会い、その人たちが探しているものを見つけるのも楽しいです。何度も前のページに戻って見返す楽しさがある絵本です。
    ゴミを捨てることは良くないことだと学べて、落としものは交番に届ける大切さが理解できます。素敵な絵本に出会えてうれしかった1冊です。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな発見がありますね

    五味太郎さんの絵本を最近好んでよく借りています。

    とても上手な絵という感じではありませんが、
    味のあるとても素敵な絵が印象的です。

    主人公が落としてしまったおもちゃのくるまの半分を、
    読み手も一緒になって一生懸命探すようになるから不思議ですね。

    探しながらいろんな物が見えてきます。

    登場してくる人の表情がいろいろで、
    感情もいろいろ。

    それが伝わってきて何度も読み返したくなる絵本です。

    ストーリーは単純ですが、
    読む度に発見がある、そんな絵本です。

    掲載日:2014/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味ワールド

    相変わらずの五味太郎さんワールドです。
    不思議というか、コミカルというか。うまく言葉に表せないのですが、独特の世界観です。
    それでも子どもには伝わっているみたいなのでそこも不思議。
    五味太郎さん、すごいですね。
    ちなみに娘は「おとしもの」を「わすれもの」と言っていました。似ているような違うような(笑)。
    「おっとおとしもの」というタイトルもいいですね。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落とし物をさがそう

    落とし物を探している様子が、描かれています。
    ただそれだけなのですが、絵が面白くて、じっくり見ていました。
    落とし物を、一緒になって探してあげている気分なんですよね。
    他にも、面白いポイントがたくさんありました。

    掲載日:2013/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伏線がいっぱい

    伏線がいっぱいあって、前のページまで戻って、何度も見返してしまいました。
    えんぴつはどこにあったんだろう、しましまの服のお兄さんはどこにいたんだろう…と、探すものがたくさんで、とても面白かったです。
    「おとしものは交番へ」という最後の言葉も良かったです。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • タバコ捨てちゃダメ!

    シンプルなので1−2歳向けかなと思います。トラックのおもちゃを落とした子が、他の子の落し物を届けに交番にいくと自分の落としものが見つかる話。ま、落し物拾ったらお互い交番に届けましょうという話。

    で、一部に、子供を連れながらタバコをポイ捨てする馬鹿な男の人が出てます。こういうの良くないですが、「捨てるのは(落とすより)もっと悪い」と書いてあってニンマリ。これ読んでポイ捨てをみんながやめてくれたら嬉しいです。

    あともうひとつウケたのが迷子をさがすママに「そんなものみません」と言うのですが、「そんなもの」って、、、、(笑)ママは必死なのでちょっとかわいそう。でも小さい子が主役なので仕方ないのかな。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • さがしっこ

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。五味さんの絵本は好きなので、わすれものーといいながら片付ける息子にどんな反応があるか楽しみでした。

    おもちゃのトラックを引っ張って遊んでいると、後ろ半分(荷台)がどこかで落ちてしまったのか、なくなってしまいます。それを探そうと来た道をさかのぼっていくと、鉛筆をさがしているおじさんにごっつん。そして、子供を捜しているおばさんにも遭遇。自分はピンクのリボンを見つける。交番に届けようとしたら、自分の探していたトラックの荷台も発見!

    よくよく見ていくと、道にはいろいろなものが落ちています。判別できるものもあれば、ごみみたいなものもあります。でも、鉛筆を探しているおじさんに遭遇してから、またページを戻って探してみると鉛筆がありますし、子供をさがしているおばさんに遭遇してからページをさかのぼってみるとたしかに坊やがいます。あまり気にしていない風景と化している何げないものが、よくよく探してみるとある。そうやって、息子とページをぱらぱらめくって、さがしっこをして遊びましたよ。最後に拾ったリボンの持ち主にも会えますし、ちょっとした遊び絵本でたのしかったでーす!

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが!

    五味太郎さんの絵本はホントおもしろい

    この絵本はトラックの半分を落としてしまって

    探しながら歩いていく絵本で

    それまでにいろんな人とすれ違う。

    いろんなものをみつける・・・。

    気になってページを戻り

    なるほど!!と思わせるところが

    おもしろいです。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット