まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

かってなカラスおおてがら」 みんなの声

かってなカラスおおてがら 作:ジョーン・エイキン
絵:クェンティン・ブレイク
訳:猪熊 葉子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1981年3月13日
ISBN:9784001159738
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「かってなカラスおおてがら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 皮肉がイギリスらしい

    読んでいる方がいて気になった作品です。

    エイキンはよく見かける作家ですし、訳者が猪熊葉子さんであるのが気になりました。

    タクシー運転手・ジョーンズさんが助けたカラス。娘のアラベルがカラスを気に入ってしまいペットになります。

    モーチマーと名付けられたカラスは電話に出ては「ぜったいだめ!」と言うのです。

    このセリフの繰り返しが絶妙で最後までよく利いていると思いました。

    ジョーンズさんの奥さんの皮肉たっぷりの言葉が、ピーターラビットの辛口ぶりと重なって、さすがイギリスだなあと思いました。

    二年生からとありますが、皮肉が通じるようになるには中学年以降の方がいいのかもしれないと思いました。

    続編があるようなのでそちらも楽しみです。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット