くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

町にきたドラゴンたち」 みんなの声

町にきたドラゴンたち 絵:ジョン・ローレンス
訳:松野 正子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1981年6月17日
ISBN:9784001159745
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,387
みんなの声 総数 1
「町にきたドラゴンたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日常の中に不思議なこと

    今年の目標が岩波せかいのどうわシリーズを読むことです。ドラゴンが出てくるので息子が興味を示してくれるといいなあと思いました。

    三話収録されていますが、日常の中にふわっと不思議なことが出てくる展開が、マーガレット・マーヒーに似ている気がしました。

    表題のドラゴンが公園で遊んでいる姿にはクスッとしました。

    ちょっと冷めた感じの女の子が出てくる「妖精アンディ」の女の子とサンタクロースのやりとりもおもしろかったです。

    この作者の「はじめてのおつかい」をまだ読んだことがないので読んでみたいと思っています。

    掲載日:2010/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット