うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

おもしろ荘のリサベット」 みんなの声

おもしろ荘のリサベット 作:アストリッド・リンドグレーン
訳:石井 登志子
絵:イロン・ヴィークランド
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1992年03月06日
ISBN:9784001159752
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「おもしろ荘のリサベット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 女の子が主人公で、リンドグレーンで、と条件が揃った作品なので、すこし背伸びしても、娘も興味をもって聞いていました。
    読んでいるときもマディケンとリサベット姉妹と一緒にいるような気分になりますが、読んだあともその気持ちが続きます。リンドグレーンの作品は魔法がかかってるみたいです!

    岩波少年文庫のリサベットは、5歳前の娘には無理かもしれませんが、その中から作品を選びだして絵をつけたこの作品含め3冊は、リンドグレーンのファンとしてはとても嬉しいです。

    ふたりが立ち寄ったリーナス・イダの家にかざってあった、おそろしい絵にもリンドグレーンの思いが感じられます。大洪水にのみこまれる人たちの絵なのですが、その洪水は地面にころがった小さな酒ビンから流れ出ているのです。子どもたちに、お酒の怖さを知ってほしいという強い思いを持っているのは、『リンドグレーンと少女サラ 』で知っていました。そういう点でも、読み流せるところはないなと感じます。

    読んでいると、子どもっていいな!姉妹っていいな!と思ってしまいます。娘にはまだ分からないところも当然あるのですが、大事なところはわかっているので充分楽しめました。わからないところはもう少し大きくなってからの楽しみにとっておいてほしいと思います。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがにリンドグレーン

    「おもしろ荘」という名前が息子にはおもしろかったようです。

    名前の響きがかわいいので、さぞかしかわいい女の子のお話かと思いきや、そこはリンドグレーン。

    ピッピやロッタちゃんの通じるものがありました。

    鼻の奥にえんどう豆を入れてしまうというのは、いかにもおてんばな女の子だろなあと思いました。

    リサベットだけでなく、お姉さんのマディケンもすごい女の子だなあと思いました。

    リサベットを医者に連れて行く途中に取っ組み合いのけんかをするからです。

    大人から見ると「ちょっと待って」というようなエピソードが満載。

    さすがにリンドグレーンだなあと思いました。

    こういうお話、子どもは好きですよね。ロッタちゃんとピッピだけしか読んだことがなかったですが、このシリーズもおもしろいですよ。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / とんことり / とけいのほん 1

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット