モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

はらぺこオオカミがんばる」 みんなの声

はらぺこオオカミがんばる 作:キャサリン・ストー
訳:掛川 恭子
絵:マージョリー=アン・ワッツ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1979年05月17日
ISBN:9784001159769
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
「はらぺこオオカミがんばる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ポリーとはらぺこオオカミ」をお話会のリーダーさんから借りて読み、面白かったと感想を伝えたら、また貸してくれました。

    続編ですね。
    完膚なきまでに、ポリーにノックアウトされたオオカミのリベンジ作戦です。

    どんなに悔しかったんでしょうか。
    ポリーを食べることに執着するオオカミの姿は、まさに病んでいます。

    第1章では、年齢を数えられないオオカミ。
    第2章では、透明人間になったつもりのオオカミ。
    第3章では、サンタクロースに見事化けたつもりのオオカミ。
    第4章では、催眠術をかけてポリーをゲットしようとするオオカミ。
    いずれもオオカミの作戦は、失敗です。
    このほかにも、ポリーの妹ルーシにも振り回されるオオカミと、結局さんざんなめに遭うオオカミの悲しいお話です。
    でも、読んでいるお子さんは、ケラケラ間違いなしの作品です。

    小学校1・2年なら読んであげるのが、3年生以上なら一人読みで楽しめると思います。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミさんがんばれ

    ポリーとオオカミさんのシリーズはとにかく面白い。
    悪役のはずのオオカミが可哀そうに思えるほど、少女ポリーに軽くあしらわれながら、健気にポリーを食べることに執念を燃やすのです。
    ドジさ加減も半端ではなく、数々の失敗に学習がない。
    愛すべきオオカミさんになってしまいました。
    この本の収録されている「ルーシーのおよばれ」に至っては、ポリーの妹のルーシーをさらっておきながら、ルーシーにさえもてあそばれているではありませんか。
    ストレス解消にうってつけのオオカミシリーズ。
    もっともっと別の話を読みたくなりました。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回も失敗ばかり(笑)

    「ポリーとはらぺこおおかみ」の続編です。
    今回もまた、賢いポリーと、ポリーを食べたくて仕方がない、ちょっとお間抜けなおおかみのお話です。

    ポリーも確かに賢いのですが、なによりこのオオカミの抜けぶりがすごいです(笑)。
    時期ハズレのサンタさんに化けて失敗したかと思えば、クリスマス時期にサンタさんに化けてもまた失敗。
    あげくのはてには、ポリーの妹ルーシーにもいいようにあしらわれてしまうなんて・・・。

    これだけドジを重ねるオオカミさん。
    食べる食べる、といいながら、いきなりがぶっと食べちゃうのではなく、ちゃんと理屈をとおして自分も相手も納得させてからじゃないと食べられないという、このオオカミさんの優しさ?ゆえなのかもしれませんね。

    短編なので、低学年のお子さんにも読みやすいと思います。
    とっても楽しいですよ!

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手ごわいルーシー

    息子の教科書にこの前の作品の「ポリーとはらぺこオオカミ」がお勧めの本として紹介されていました。

    「ポリーとはらぺこオオカミ」は前に読んだことがあるので、この続編を読んでみることになりました。

    相変わらずオオカミはポリーを食べようといろいろ策を練っています。

    五話収録されていますが、「ルーシーのおよばれ」がおもしろかったです。

    ポリーの妹のルーシーを食べようとするオオカミがルーシーのわがままに翻弄されてしまうところに笑ってしまいました。

    ルーシー何歳ぐらいの設定かわかりませんが、子どものわがままは確かに手ごわいと思います。

    この続編もあるようですから、ルーシーが今後どんな形で関わってくるのか楽しみです。

    オオカミ自分では賢いつもりでいるようなのですが、どこか抜けているところがありその抜けた感じのおもしろさがあると思います。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット