しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

フリズル先生のマジック・スクールバス 台風にのる」 みんなの声

フリズル先生のマジック・スクールバス 台風にのる 文:ジョアンナ・コール
絵:ブルース・ディーギン
訳:藤田 千枝
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784001163063
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「フリズル先生のマジック・スクールバス 台風にのる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分が体験している気分に。

    台風とか、雷とか、雹とかに興味をもつ
    5歳の息子と読んだけれど、まだちょっと難しかったかな。
    …とはいえ、乗り物好きなこともあって、
    息子はかなり楽しんだ模様。
    小学校中学年くらいが、内容も理解できるようになっているのでは。

    絵本の構成がおもしろい。
    生徒たちが奇想天外なフリズル先生の運転するバスに乗っていると…
    バスが気球になり、、台風の中に入ってしまうお話です。
    あたかも、読み手自身が体験している気分になってしまうところが
    おもしろい。
    絵も細かく、天気に関わる様々な事項がコラムで囲まれていて、
    ストーリーだけでなく知識もつきます。
    とてもおもしろかった。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • アーノルドVSフリズク先生

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    「フリズル先生のマジック・スクールバス」シリーズの1冊です。
    なんとスクールバスは信じられない変形をします。
    なんと、熱気球になっちゃうんです!(しかも、ちゃんと《熱気球》についての解説付きです。
    台風に巻き込まれてからはヘリコプターに変身して、もう少し安全にみんなの空の冒険をサポートしてくれています。

    物語は、熱気球のしくみや必要な気圧の話から、雲のこと、天気のことへと、冒険をしながら進んでいきます。

    アーノルド(生徒の一人)は、いつも先生の大胆な行動にヘキヘキしているのが見え見えで、なにかと反論したり、(冒険には)行きたくない胸など伝えるのですが、フリズル先生はそんなことお構いなしに連れだすんですよ。
    その漫才のようなやり取りも回が進む毎に、切味がよくなって面白いです。
    小学校の4,5年生くらいから、中学生・高校生のお子さんたちにお薦めしたいです。
    このシリーズを読むと理科という教科が楽しくなりそうです。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット