ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おなかのすくさんぽ」 みんなの声

おなかのすくさんぽ 作・絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1992年4月10日
ISBN:9784834010749
評価スコア 3.68
評価ランキング 29,989
みんなの声 総数 21
「おなかのすくさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • やっと会えた

     娘が今でも大好きな「こんにちは おてがみです」の本。
    最終ページに大きな「こどものともひろば」のおまけが付いていて、100を超える絵本の登場人物たちが所狭しと勢ぞろいしています。ほとんど知っている「おともだち」ばかりですが、まだ会ったことのない子も数人。

     その中に、異様に頭のデカイ(!)目のぎょろりとした赤ちゃん(男の子)がいて、「こどものともひろば」を訪れるたびに、この子は誰だろう?と、ずっと気になっていました。
     それが、図書館で偶然見つけた絵本の表紙を見た途端、「あっ、あの子だ!!」と、一目でわかり、「やっと会えたね。」という嬉しさでいっぱいになりました。
     
     片山健さんの作品だったんですね。
    スケッチ風で、いつもの見慣れた色鮮やかな絵とは印象が違っていたので、最初は気づかなかったのですが、男の子の顔をよく見れば、この凛々しく太い眉毛!!紛れもなく“ 片山さんの子”(!)ですよね〜。
     片山さんの描く子どもらしい子どもが大好きで、今までにも多くの作品に親しんできましたが、この男の子は、まさに子どもの中の子ども、といった感じで、絵本の中から飛び出してきそうな勢いがあります。

     これだけ我を忘れてとことん遊びに熱中できたらいいですよね。親だって、中途半端に汚して帰って来られるよりもずっとスカッとして、「よくぞここまでやってくれた!」と、拍手で迎えてあげたくなっちゃうと思います。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物と仲が良かったら・・・

    片山さんの絵本の中でもちょっと怖い絵本です。これは大人的な見方で独特のタッチと色合い、動物たちの目つきムカデとかの虫もたくさんなど・・・お母さん的には受けないな〜と思うのですが・・・・

    男の子には受けます。冒険、どろんこ・・・これだけでワクワクしてしまいます。動物と仲が良かったら、動物の子供達をこんな感じで遊ぶんだろうなって想像してしまいます。

    息子は泥遊びと水遊びが大好きなので、そのシーンがたくさんあるこの絵本はお気に入りでした。汚いこと大好きだけでできないので、絵本を見ていることによって想像しているようでした。

    男の子向きで、お母さん苦手系で・・・・相反して面白です。

    掲載日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いっきり遊べ

    子供のパワフルなエネルギーがこの本の中に溢れていると思います。
    かなり大胆に遊んでいて、子供のやりたいように心の赴くまま楽しんで冒険していく姿がとても印象に残ります。
    派手さはないのだけど、独特の世界観を感じられる不思議なお散歩です。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもパワフル

    片山健さんの絵本ということで、興味を持ちました。
    『どんどんどんどん』で突き進んでいた男の子みたい。動物たちと一緒に、山を駆け上がり、洞窟探検したり、坂道を転がってみたり。とってもパワフルです。
    クマに「なんだかきみはおいしそうだねえ。ちょっとだけなめていーい?」と言われるシーンでは、子どもと一緒に本当にドキドキしました。
    でもラストは、おなかがすいたからお家に帰ろうという納得の終わり方。この絵本を読んで、生きることはおなかがすくことかもなぁと感じました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • きぶん

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     「おとこのこったら、もう〜っ!」と娘
    胸のすくような遊びっぷりに感心します。
    作者もおもいっきり気分いい、かもしれません、そうですか?
    見る側のきぶんは、よくない、とっても。
    こどもが無垢で、どうぶつたちとすっかり仲間になれるのは
    素直に、発見があってうれしい。
    でもこれはアートではなく、絵本ですから、よくないです。
     「もう、かたやまけんったら〜!」と私でした。たいへん残念

    掲載日:2013/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体中で遊ぶ

    体を思いっきり使って、夢中で遊ぶ。
    何も考えず、目の前の遊びに無心になる。
    体中泥だらけで、お腹がすくまで、遊ぶ。
    「子供は遊びの天才」なんて言葉もありますが、ここまで遊ぶ様子も、なかなか見られるものではありません。
    いっそ、気持ちがいいくらいでしたね。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとたくましいこと!

    「ぼく」のなんとたくましいこと!
    読んでいてはらはらしました。
    娘も動物は大好きですが、怖いことは苦手なので、私と
    同じようにはらはらしていました。
    たとえ、「そーっと」とはいえ、くまやいのししにうでを
    かませるなんて!きっと、ぼくがたくましくて堂々として
    いるからなんともなかったのでしょうね。
    もしかしたら娘がもっと小さかった頃、より動物に近かった
    頃・・2歳とか3歳頃に読んであげていたならば、ぼくと
    おんなじ気持ちになって喜んだのかもしれません。

    掲載日:2012/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • たしかにお腹がすきそう

    題名の通りで、男の子が思う存分遊んでお腹をすかせる話です。内容的には楽しいし、文章もリズミカルで素敵なのですが、個人的には絵は好みではありません。

    息子は好き嫌い以前に、絵がわかりにくかったようで、ほとんど興味を示しませんでした。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勢い

    絵も話も展開にも勢いがあります。
    子供のがむしゃらになって遊ぶ様子が描かれて
    動物もみんなで、必死に遊びます。
    必死に触れ合って
    必死に生きている様子をみると
    子供の無邪気さを感じました。

    片山さんの本は独特ですが
    とっても勢いがあるので好きです。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハイハイ

    表紙の男の子が、ハイハイしている姿に惹かれて図書館から借りてきたのですが、私の勘違いで勢いよく山登りして遊んでいる絵だったのでした。ハイハイが移動手段の孫だからちょっと親近感が沸いたのですが、違ってました。片山健さんの絵だけあって鉛筆画でも迫力あるし、男の子は凛々しく勇ましいと思いました。くまさんが、なめたり噛んだりする場面にもちっとも怖がらずに一緒に遊んだお友達関係には裏切りはなかって安心しました。夢中になって遊ぶ男の子がやっぱり羨ましいと思いました。

    掲載日:2011/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット