メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

なぞなぞライオン自信を持っておすすめしたい みんなの声

なぞなぞライオン 作・絵:佐々木 マキ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784652008690
評価スコア 4.39
評価ランキング 10,009
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ナンセンス爆発!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳、男の子7歳、男の子5歳

     奇想天外、佐々木マキさんのお話が三つ入った童話集です。絵のないページもあるので、絵本と童話の間位になるのでしょうか。
     一つ目は、ライオンと女の子がなぞなぞで勝負する『なぞなぞライオン』。二つ目は、へびと女の子が早口言葉で勝負する『ヘビは、はやくち』。三つ目はサイと女の子がしりとりで勝負する『しりとりなサイ』。
     どの話もいんちき勝負満載です。
     我が家では、10歳も7歳も5歳も大好きです。気がつくと10歳が下二人に率先して読んでいたりします。子どもでも、「もう、人に読んであげちゃうくらい楽しい!一緒に次の展開を楽しみましょう!」と思ってしまう様なゲラゲラ本です。

    掲載日:2005/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • このお話は、なぞなぞ、早口言葉、しりとりのお話が三話収録されていました。うちの子は早口のお話が気に入っていたのですが、なぜかというと、私が読めなくて悪戦苦闘しているのが面白かったみたいです。読む人にとっては大変ですが、子供は大笑いで楽しめる絵本ですね!

    掲載日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれや早口言葉

    だじゃれ系のなぞなぞや、会話があり、そこも面白いのですが、6歳の娘が一番ウケたのは、早口言葉、、、を、もじった変な言葉。読みながら大笑いしており、とても面白がって、笑って読めなくなっていました。

    長い文章ですが、面白いので娘が自分で読んでいました。何度も読んでいたのでかなりのおすすめです。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供たちが大好きです。

    なぞなぞ、しりとり、早口言葉。子供たちの大好きな遊びが詰まっている本。
    ライオン、へび、サイと対決しようなんて、なんて気の強い、こわいものしらずな女の子なんでしょう。。。なんて、私の考えはよそに、子供たちはそんなヘンテコな設定を楽しんでいました。
    読んであげるのもなかなか大変でしたが、子供と一緒に楽しめました。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすい3部構成

    第44回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書になった本。
    また、ドラゼミの1年生の教材の中にも入っている、本書。

    〇なぞなぞライオン
    〇ヘビは、はやくち
    〇しりとりなサイ   という3つのお話が入っています。

    絵が少なくて、字も少し小さいので、1年生からがお勧めかな。
    でも、1つ1つのお話が、そんなに長くないので、小さな子供への読み聞かせにも飽きることなく楽しめる本だと思います。

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが女の子

    佐々木マキさんの、独特な雰囲気がよく出ている本です。
    幼年童話の範疇に入るのでしょうか。短編が3つで構成されています。

    主人公は、3編とも同じ女の子。
    毎回、違う動物に食べられそうになるのだけれど。
    なぞなぞ・早口言葉・しりとりをして、負けたら食べていいけど勝ったら逃がす、という条件を飲ませるのです。
    そして、いざ勝負!!

    この女の子、さすがは女の子というか、すごく知恵が回って口も達者。
    こんな子を敵に回して勝てるわけが無い(笑)。

    出てくるなぞなぞも、早口言葉も、しりとりも、とても面白いです。
    言葉遊びが好きな息子は大笑いでした。

    絵が少なく文章が長めですが、短編なので読みやすいと思います。

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞが傑作

    • オカズさん
    • 50代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子21歳、男の子18歳、男の子9歳

     7歳の息子に読んであげたら、おかしななぞなぞに大笑い。そばにいて何気なく聞いていた高校生の兄が、あまりにもバカバカしいなぞなぞを話すので、私が捏造して話しているのではないかと思ったほどでした。
     この本には、なぞなぞ、早口言葉、しりとりを題材にした3つの短編が入っていますが、なぞなぞが一番おもしろく、早口言葉は読むのに苦労しました。
     小学3年生ぐらいまではなぞなぞが大好きなので、なぞなぞライオンはもう少し長くして、もっといろんななぞなぞがあればもっと良かったなと思います。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです^^;

    なぞなぞ、早口言葉、しりとりと言葉の大好きな言葉遊びが凝縮したお話。
    なぞなぞ → ライオンと対決
    早口言葉 → へびと対決
    しりとり → サイと対決
    と、3話にわかれています。

    なぞなぞも早口言葉も少し高度かなあ。
    特に私は、早口言葉は大の苦手なので、まったく無理。
    ママ、また違う〜
    と息子のツッコミをうけながら、読んでました(笑)

    息子も気に入ったのは、サイとの対決のしりとりなサイ編。
    ちょうど我が家でも○○しりとりが流行っているので、
    一緒に楽しんじゃいました^^;

    こうやって○○しりとりをすると、
    結構自分たちがやるときと違うなあと
    新たなボキャブラリー源にもなりました♪

    掲載日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    なぞなぞと早口言葉としりとりをする女の子と動物達の
    お話ですが、とっても面白いです。
    上の子がはまってます。
    下の子は絵のないページがあるので見たり見なかったり
    してますが・・・

    早口言葉は私が苦手なので、読みにくくて苦戦してます。
    話の中のなぞなぞを私に出してきたりして
    上の子はとても楽しんでます。
    男女問わず、年中さんくらいからおすすめですね。

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長女と二人きりの時間♪

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    先日、久々に喘息の発作を起こした長女!
    救急外来で点滴をしてもらいました。
    その時に、家から持参して、読んであげたのがこの本!(絵本というよりは、童話でしょうか?!)

    『なぞなぞライオン』『ヘビは、はやくち』『しりとりなサイ』の3つの、言葉遊びをモチーフにしたお話があり、どれも佐々木マキさんならではの、大人の捻りが効いていて、病気が吹っ飛んじゃうくらい、楽しいお話でした♪

    ただし、題名にもなっている『なぞなぞライオン』は、『いやいやえん』(1962年発行)の中の『おおかみ』や、『なぞなぞのすきな女の子』(1973年発行)に、似ている気がしました。

    早口言葉は、かなり高度で、完璧を目指すなら、練習が必要かも(苦笑)?!何度言ってもうまく言えないので、早々にあきらめて、「ごめん!母ちゃん、うまく言えないわ〜。」と長女にあやまっておきました。

    長女が1番気に入ったのは、最後の『しりとりなサイ』で、自分でも後で読み返していました。だじゃれや、グルメな料理がたくさん出てくるので、大人にもおすすめです。

    いつもは、5つ下の妹に私を独占され、甘えたくても甘えられない長女ですが、この日は、例え病気で辛くても、母と二人のゆったりした時間が流れ、何だかとてもうれしそうでした。
    病気じゃなくても、長女と二人っきりの時間を、過ごしたいなあと反省させられました。

    掲載日:2005/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット