マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

ムスティの おつかい」 みんなの声

ムスティの おつかい 作:スタジオTVデュプイ
絵:スタジオTVデュプイ
訳:榊原 昇三 那須 田稔
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2000年9月25日
ISBN:9784097301011
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,304
みんなの声 総数 4
「ムスティの おつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 信号をしっかり渡ろう!!

    ムスティが信号を渡って、おつかいにでかけます。
    信号のルールをしっかりと教えたいのか、おつかい
    のことよりも、信号のことがクローズアップされて
    いるように思いました。
    ただ、説明にも書いてありますが、絵に描かれている
    信号の色と、文に書かれている色が、逆になっている
    ので、2歳の娘には???のようでした。
    理由を読むと、納得できるのですが、小さなお子さま
    が理解するのはちょっと難しいかもですね・・・。

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 御馴染みのムスティ

    何だかとても懐かしい気持ちになれる御馴染みのムスティです。ムスティの絵はとても可愛いです。お父さんに頼まれておつかいに出かけるムスティが、途中横断歩道を一人で上手く渡れます。信号機の渡り方のお勉強が自然に学べます。お節介のムスティが犬に教えたりするので、又その犬が子犬に教えてと伝承していきます。とても役に立ちます。絵も可愛いし、色彩もカラフルでとても綺麗です。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信号の渡り方

    娘が気に入って古本屋で購入してきました。
    元気で可愛いネコ、ムスティが大活躍する絵本。

    信号の渡り方など詳しく書かれていて、子供に教えるのにとても役立ちました。

    もう少しで車にひかれそうだった犬を助け、一緒に信号を渡るムスティ・・・
    人に教えてあげることで、自分の自信にもつながったようですね(^^)
    ストーリーもわかりやすく構成されていて、読みやすかったです。

    掲載日:2006/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいくお勉強!

    このムスティの本はフランスのTV番組で、人気だったのを世界各国で幼児向けの絵本として発行されたものらしいです。
    ムスティとは猫なのですが、絵はとても馴染みやすく、かわいくて気に入っています。
    この、「ムスティのおつかい」は、信号の見方、渡り方など、物語を通してかわいく書かれていて、楽しく勉強できると思います。

    掲載日:2003/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット