十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

みんながおしゃべりはじめるぞ」 みんなの声

みんながおしゃべりはじめるぞ 作・絵:いとう ひろし
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年
ISBN:9784494006762
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,855
みんなの声 総数 4
「みんながおしゃべりはじめるぞ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やってみよう

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    みんなとかくれんぼをしていた男の子。
    静かに隠れていてら、そばにあった石がなんとお話かけてくる!!
    昔は火山に住むきょうりゅうの枕だったのに、火山で爆発してこなごなになったとか、恐竜の世界にいたとか。。。
    みんなも心静かにおんなじ気持ちで近づくと、どんな物でもお話してくれるんだ。
    我が家の子どもたちは、この本を読んだ後、ベッドに一緒に寝ているくまのぬいぐるみも話かけてくれるかもしれない!!っといいながら静かに眠りの世界につきました。
    くまさんと遊んでいる夢みれたかな??

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が楽しくなる絵本♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    復刻本紹介にあり、なつかしくって図書室にリクエストしました。
    初版本が「童心社」さんで、復刻本は違うのですね?

    いとう作品は、息子が幼稚園から小学校低学年の頃いっしょに楽しみました。「おさる」シリーズを息子見つけてから。カエルを持っていたのが気に入ったのです。この絵本にもそれが出てきます。

    声なき声を聞ける楽しみ・・・
    動物だけでなく、水道の蛇口からの水の気持ちにもなっている\(◎o◎)/!この感覚・・・

    心の豊かさをこの作品は教えてくれます。
    大人は忘れていることかもしれませんね。

    とにかく、このギザギザした輪郭で、色使いも楽しい絵も大好きです。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力

    いとうひろしさんのお作なのですが、あれ、ちょっぴりかんじが違うかな?
    著者紹介を見てみると、「絵本の出版は本書がはじめて」とありました。なるほど。初期の作品なわけですね。
    でも、読み進めていくと、やっぱりいとうひろしさんの文章、いとうひろしさんの絵なのです。

    とびきりたのしい おはなしがきける じょうずなみみのすませかたを おしえてあげるね。
    はじめから、「お?」と期待を持たせる絵本です。
    公園でかくれんぼをしていて、つつじのしげみに隠れた僕。
    そこでじいっとしていたら、そばの石が話しかけてきたんです。
    その石は、長い川をくだり、カエルの決闘場や、かめの集会場になったりして、退屈しない旅をしてきたって!
    その石だけじゃない、他の石や、木、滑り台だって、おしゃべりをはじめるのです。

    とても楽しい絵本です。
    ただ、これは幼い子ではなく、想像の力がしっかりと身についた、
    小学生ぐらいの子の方が楽しめそうな気がします。
    この絵本を読んだ後は、ぜひ想像力をとぎすませて、そっと耳をすませてみてください。
    あなたにも、みんなのおしゃべりが聞こえてくるかもしれません。

    掲載日:2006/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう声が聞けるって、素敵なこと。

    いとうひろしさんの物語の原点を見せてもらった感じ。
    「ぼく」は、公園でみんなとかくれんぼしていると、突然、石の声が聞こえてくる。
    その石は、自分がどうやって今、ここにきたかを「ぼく」に話しかける。「ぼく」はおもしろくなって、みんなと公園の石や、木やすべり台なんかの声を聞きまくる。
    彼らには、いろいろなドラマがあった。
    りゅうのまくらだった石や、恐ろしい大風にも負けずにたっていた木や、でんでん虫のマラソンコースになった手すり。
    こういう声を、聞いてみたいって、思いません?聞けたら、とっても素敵ですよね。
    夢と科学と歴史と、ロマンが埋め込まれている作品です。素敵な物語だと思います。(いとうさんの作品はとっても好きなので、つい、べた褒め。でも、本当にいい作品なんですよ)

    掲載日:2003/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット