ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

Papa、 Please Get the Moon for Me(ハードカバー)」 みんなの声

Papa、 Please Get the Moon for Me(ハードカバー) 作・絵:エリック・カール
出版社:Simon & Schuster Books
本体価格:\1,580+税
ISBN:9780887080265
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
「Papa、 Please Get the Moon for Me(ハードカバー)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親ばかお父さん。

    図書館で借りてきました。今、22ヶ月になる娘のブームがエリックカールなので。(本は英語ですが、まだ娘は英語は理解できないので、すべて親が日本語に訳して読んでいます)。

    この本を読んでから、夜おつきさんを探すようになりました。
    夫もいつのまにか娘に読まされていたようで、娘に「ダダ、おつきちゃん。とって」と月を指さされ、「じゃあ。こんどなが〜いはしご探しに行こうなぁ」と言っていました。

    月の満ち欠けと子どもの夢を一緒に描けるなんて、さすがエリックさんという感じですね。

    大きな月と長いはしご。普通の絵本の常識を超えたページの広げ方で、読んでいるこちらまでわくわくします。

    ついつい。「なが〜い。なが〜い。なが〜い。なが〜い」と連呼してしまいます(笑)娘も一緒になって言っていますよ。

    ぜひ、お父さん、読んであげてください。とっても素敵な時間が子どもさんと作れると思います。

    掲載日:2012/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきく表現

    この絵本読んでいくとスケールの大きさをとってもうまく表現してあったと思うので良かったです!!英語の字数はそんなに多くなか久手とっても読みやすかったです。月が大きくなったり小さくなったりと、とってもわかりやすく書かれていたのがよかったです。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の大のお気に入り!

    エリックカールの絵と、仕掛け絵本になってるのが、親子でとっても気に入っています。

    「お月様とってきて!」という娘のリクエストに答えて、
    はしごで月まで登り、月と交渉するパパにも心が和みます。

    そして、何よりいいなと思ったのは、
    お月様がどんどん大きくなったり、小さくなったりするという自然現象が、
    はっきりと、かつ、分かりやすく、描かれていること。
    お月さま自身も、「私はどんどん小さくなるんですよ」と宣言しちゃってます。

    月の満ち欠け、なーんて考えると、ちょっと難しいですが、
    そっかこんなにシンプルなことからも、自然現象について学べるんだ!と
    眼からうろこの一冊でした。

    この本に出会う前と後では、毎晩夜空を見上げる息子の視点がちょっと変わってきたように思います。
    「今日のお月様は大きいから、とってこれないね〜。」
    「今日はお月様小さいから、モニカのパパはお月様とれるかなあ〜。」 

    お天気のいいお月様の見える夜に、必ず交わされる親子の会話になっています♪

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し英語に慣れてきた頃にオススメ

    • アイ☆ユーさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    だんだん小さくなっていくお月様と遊ぶモニカ、
    うちの娘も「お月様と遊びたい!」と聞かず、
    黄色の画用紙をお月様の形に切ってあげると
    モニカのようにお月様と一緒にジャンプしたり
    踊ったり、と大はしゃぎ。

    しかけも大きいところもいいですね。
    単語だけでなく文章で進むので、少し英単語に
    慣れてきたくらいのお子さんにおすすめします。

    掲載日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘の夢を叶えたい

    お父さんは娘のために、お月様をとりに行きます。
    現実とはかけはなれた発想ですが、一度は誰もが 「お月様に行きたい」「お月様に手が届きそう」と感じたことがあるのではないでしょうか。
    それを可能にしてくれた物語です。

    絵本に施されているしかけも子どもが喜ぶ要素です。

    掲載日:2007/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / だんまりこおろぎ / おおきなかぶ / ぴょーん / ごきげんななめのてんとうむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット