しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ピンクとスノーじいさん」 みんなの声

ピンクとスノーじいさん 作:村上 康成
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784198612450
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,192
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • まちわびた春の訪れ

    ピンクペッコンがお気に入りの息子のために借りてきた絵本。
    春に生まれたピンクは、いろんな経験をしながら、はじめての冬をむかえます。
    冬は動物にとってはとても厳しい季節。それはヤマメのピンクにとっても同じです。
    スノーじいさんは長く生きているだけあって風格もあり、とても存在感があります。まだまだ若いピンクにはないものをいっぱい持っていて...やっぱり年の功というけれど、長く生きているということは、それだけですごいことなんだと思います。
    そして、つらいつらい冬の後だからこそ、訪れる春の喜びがあふれている。小さな魚がいっぱい生まれ、ピンクにも妹、弟がたくさん。こうやって季節がかわるごとに少しずつ成長していくんですね。
    短い文章の中にも、喜びや悲しみ、つらい気持ちが感じ取れる、とてもいい絵本だと思いました。そして、やっぱり村上さんの絵が大好きです。ピンクのシリーズは他にもあるとのことなので、ぜひ他の絵本も読んでみたい。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然で生きていくことの厳しさ

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「ピンク ぺっこん」の続きが気になって手に取りました。

    前作の主人公ヤマメのピンクは、初めての冬を迎えます。
    冬を迎えるに当たって、みなえさを蓄えないといけなくてお腹がすいてます。のろのろしてると、えさにありつけないし敵に食べられてしまいます
    川魚の冬越えの厳しさが良く伝わってきました。

    ピンチをスノー爺さんに助けられて、冬を越して春を迎えるピンクは
    また一回り成長したことだと思います。

    自然界の厳しさをこんなにリアルに伝えてる絵本は、なかなかないと思います。
    村上さんの描く魚もとても特徴を捉えているのに、絵本らしく可愛いいのが
    このお話で救いですね。
    スノー爺さんがどうしてしまったのかが、子供達はすごく気になるようでした。

    掲載日:2010/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 待ちわびた春

    ピンクシリーズ第二弾。
    少し成長したピンクにとって、初めての冬を向かえるわけですが、自然界に住む生き物にとって、冬というものが厳しいものなんだなということを、改めて思い知らされました。
    怖いけれど、優しいスノーじいさんに助けられ、なんとか春を迎えたピンクにとって、春は本当に嬉しいものだったのでしょうね。
    スノーじいさんは、亡くなったのかもしれないけれど、文章には、きっとどこかに・・とだけ書かれています。
    娘は、きっとどこかで生きてるねと信じているようです。
    私もそれを祈ります。

    また、文章では触れられていませんが、春を迎えたときには、周りにたくさんの小さいヤマメたちが泳いでいます。
    春が来て、また新しい命たちが誕生したことが描かれているのですね。

    そんなことを子どもと話しながら、厳しく、そして輝かしい自然に触れられる本だと思います。

    掲載日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然の厳しさを教えてくれる物語。

    月並みな言葉ですが、すごくいい話でした。
    前に姉妹編の作品「ピンク」を読んでいたんですが、それよりずっと印象的。
    ボローニャ国際児童図書展グラッフィック賞受章作品です。
    何かの賞をとったから、お薦めなのではなく、ほんとにしみじみくる良さがあるから賞もとったんだ。と、いいたい。
    春に生まれたアヤメの「ピンク」が、寒い冬の川で、春を待てずにウロウロしていると、イタチに襲われてしまう。その時大イワナのスノーじいさんはイタチに飛びかかり、ピンクを助けてくれる。ピンクはおかげで一命をとりとめ、春を迎えることが出来た。でも、スノーじいさんは・・・。
    助けてくれたスノーじいさんの死にも気付かず、春を喜ぶ脳天きなピンク。そんなのあり〜?って、人間感情では思うけど、他の生物の感覚ではこういうものなのかな、って気もします。
    自然界の厳しさや儚いなさが伝わってくる物語です。

    掲載日:2003/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初めての冬

    春にうまれたヤマメのピンクの経験する初めての冬。
    スノーじいさんとの対比に、自然界のスケールを見ました。
    生きるということは、とても大変なことだと実感します。
    敵もいます、食べ物のない冬はじっとしているしかありません。
    それだけに春の訪れは素晴らしいと感じました。
    新しくうまれたヤマメたちとピンクの対比も素晴らしいです。
    自然界と釣りの好きな村上康成さんならではの絵本。
    言葉は少ないけれど、奥行きを感じる絵本です

    掲載日:2017/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の川もまた美しい

    前作『ピンク、ぺっこん』を読んで、すっかりヤマメの子ピンクとその周りの美しい世界に魅了され、シリーズの他の絵本も続けて読みました。
    季節は巡って冬が来て、ますます厳しくなる自然の世界。冬の川もまた美しかったです。迫力のシーンもあって、ドキドキしながら読み進めました。
    「つらいぞピンク、まつしかないんじゃ、はるまでな」というセリフを聞いて、春のありがたみを改めて感じました。

    掲載日:2014/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春がきます。

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    2月も ちょっぴり小春日和な今日この絵本を読みました。

    ヤマメのピンクが経験する初めての冬。
    魚たちも、動物たちも食べる物がなく、じ〜っと待つだけのつらいつらい冬。
    ふと油断した瞬間、イタチに食べられそうになったピンク。
    そこを、スノーじいさんに助けられ(といっても、それをしっかり解っていないのですが) 春を迎えました。

    静寂の冬から、躍動の春へ。
    絵本で季節がパッと変化して、読んでいた私の気持ちもちょっぴり春が待ち遠しくなりました。

    もうじき息子の入学の春。
    こんな素敵な絵本を選んできた息子に 感謝です。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • スノーじいさんに助けられて

    自然界の冬の厳しさを学ぶ絵本でした。

    何日も何日も食べていなくても生きられるんだと感心しました。

    危ないところをスノーじいさんに助けられてほっとしました。

    スノーじいさんを慕うピンクですが、春の訪れを喜びスノーじいさんも

    きっと何処かで生きてると思う気持ちが、いいのも知れません・・・・

    村上康成さんの可愛い絵に癒されました。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬から春へ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    「ヤマメのピンク」三部作の第2作目です。
    春に生まれたピンクは、前作『ピンク、ぺっこん』の夏で様々な体験をし、
    今作で初めての冬を体験するのです。
    怖いイワナのスノーじいさんは、厳しい冬のことを語り、
    イタチに狙われたピンクを救ってくれますが、
    その後は姿が見えません。
    それだけに、ラストの春の到来はまばゆいばかりです。
    ピンクもすっかり大きくなっていますね。
    地上のシーンにも生存競争のサブストーリー。
    しっかりと読み取りたいですね。

    掲載日:2008/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の川の様子

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    ピンクシリーズを読んできて
    村上さんの自然に対する気持ちがさらに強く感じました。
    生まれてはじめて冬を迎えるヤマメのピンクが
    さらにたくましくなっていく姿に応援したくなりました。
    子供達はスノーじいさんのことが
    最後まで気になっていましたよ。
    読み終わりは、ピンクと一緒に春を待ちわびる気持ちでいっぱいになりました。

    掲載日:2007/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット