十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぼくがおっぱいをきらいなわけ」 みんなの声

ぼくがおっぱいをきらいなわけ 作・絵:磯 みゆき
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784591069738
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,288
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • やきもちがかわいい

    下の子にやきもちやいてるけなげな姿が、胸キュンでした。「子供はお父さんのおっぱいは毛が生えてるからもっときらい」っていう所ばっかり読んでって言いました。確かに面白い。読んでてふいてしまいました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • いじらしい

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    3才になったのに、眠るときにおっぱいがないと眠れない息子を何とかしようとして借りてみたのですが・・・。
    「おっぱいなんてきらいだ」「あかんぼうのすることだ」「おっぱいはきけんだ」などと読み聞かせに続いて言う割には、「だからぼくは、おっぱいがきらいなんだ」(パクっ)とおっぱいにかぶりついてしまいます。
    役には立たなかったけれど、下に赤ちゃんが出来て一生懸命我慢している「ぼく」の気持ちがいじらしくて、可愛くて、微笑んでしまう絵本ですね。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ気持ち

    • はーとままさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子1歳

    歳の離れた弟ができたお兄ちゃんに読んであげました。
    弟がおっぱいを飲んでいる姿を見て「良いな〜!!」と言っていたお兄ちゃんと主人公の男の子が重なって笑えました。
    弟がお昼寝している間にこっそり読んであげたらニッコリ!
    そして「一緒だね!」と言ったら「うん!」と言ってました。
    いくつになってもおっぱいは精神安定剤なんだね♪
    『そうやって甘えていられるのも下ができるまでだぞ!』の言葉はお兄ちゃんと重なりました。
    たまには膝に座らせてギューっとしてあげるのも良いかな?と思えました。
    世の中のお兄ちゃん&お姉ちゃんはいつも我慢しているんだよね!!
    ありがとう♪

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • がまんしてたのね

    おっぱいを必要以上に嫌う訳。

    そこにはお兄ちゃんになった男の子の

    頑張る姿とやきもちがふくまれた

    複雑な気持ちがありました。

    いつまでたっても独り占めできると思っていたのに

    下の子ができたとたん、独り占めできなくなった。

    そんな気持ちがよく伝わりました。

    せつなさも含まれていました。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひママが読んで

    • りひまるさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    僕がおっぱいを嫌いな理由を色々あげていきますが、
    本当は、おとうとの前で強がっているだけなお兄ちゃん。
    最後は、ホロッと泣けてしまいそうでした。

    うちの息子はまだ一人っ子ですが、もし、お兄ちゃんになったら、
    読んであげようと思っています。
    私自身もお兄ちゃんの気持ちに改めて気づくためにも、
    また読みます。
    ママに是非読んで欲しいです。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんが生まれて少しさみしい思いをしている次男に読み聞かせしました。お母さんを独り占めできなくなった子には共感できるものがあると思います。ついこの前まで自分だけのものだったお母さん。おにいちゃんとしてなんとか頑張っている『ぼく』の健気さが、とっても切なく伝わってきます。お母さんにも読んでほしい絵本です。


    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きらいな理由はわからないけど

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。おっぱいがきらいなわけとうたっておきながら、その理由はよくわかりません。だって、本当は好きだから、嫌いな理由なんてないんです。それが最後におかあさんのおっぱいをさらっと触っているところがなんともいえなくかわいい・・・。赤ちゃんが生まれて、急におにいちゃんにならなくなってしまったことがよく伝わってきます。なりたくてなったわけじゃない、というのもよくわかります。だからがんばって背伸びせざるをえなく、がんばっているんだよね。なんか、うちの息子にも感じられます。そんながんばっている上のお子さんにエールを送るのがこの絵本なのかな?お母さんにぜひ読んでほしい一冊かもしれません。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさん、読んで!

    おとうとが生まれてからおかあさんのおっぱいはおとうとのもの!

    あまえられなくなったおにいちゃん。 

    おっぱいなんてきらい。 
    強がってるけど顔にでてるしね!

    歯をくいしばってる姿が…。

    でも、やっぱり泣きたいときはお母さんのもとへ。

    泣きながらも最後まで強がっているお兄ちゃんがとてもかわいらしく、気持ちがつたわってきました。

    おにいちゃんやおねえちゃん、こんな思いたくさんしてるのでしょうね。 ギューってしてあげて下さい。

    子供だけじゃなく是非、お母さんにも読んでほしいな。

    猫に八つ当たりするとこ、おもしろすぎ!

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当はおっぱい大好き

    「ぼくは おっぱいが きらいだ」と言い続けるお兄ちゃん。
    でも、本当は弟がいるから一生懸命に我慢しているだけなんですね。

    シリーズ「パンツをきらいなわけ」は、とにかくおもしろく楽しい絵本でしたが、この本は、ちょっぴりせつなくて温かい結末でした。

    我が家でも、下の子はまだまだおっぱい中。
    上の子にこんな思いをさせているのかな・・・と、こちらがドキリとしてしまいました。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんになる子にぜひ。

    このインパクト大のタイトルがそそりますよね。
    表紙の強がりな男の子が、おっぱいを嫌いな理由をあげて散々突っ張っている姿が可愛い!
    いろーんな嫌いな理由があるんだけど、もちろん本当は…という話で、読んでいて親の方も子どもの気持ちを考えてしまう素敵な絵本です。
    まだまだおっぱい真っ只中の息子にはいまいちピンときていないようでしたが、いつか卒乳したり、また下の子ができる時のためにまた読んであげようと思います。
    お兄ちゃんになって、強がっている部分ももちろん誉めてあげたいし、そしてでもやっぱり甘えたい部分も「それでいいよ」って言ってあげたい、そんなお母さんの気持ちを代弁してくれる本ですね。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット