キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

海をわたったアンメイ」 みんなの声

海をわたったアンメイ 作:ステファン・モルナー・フェントン
絵:ヴィヴィアンヌ・フレッシャー
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784566006409
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,592
みんなの声 総数 2
「海をわたったアンメイ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 実話が下じきとなっている作品。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    ワタクシにとっては、経験の無いお話であり、途中までは、正直、こんな幼い子が、生みの親の記憶なんてあるのだろうか?とさえ感じてしまい、逆に、養女として迎えた女性の気持ちを考えると切なくも感じてしまったのですが、最後まで拝見させて頂き、ホッとしたと言うのがストレートな気持ちでございました(..;)実話が下じきとなっている作品であり、全てが実話ではなく、脚色されている箇所があると思うと、心温まるお話ではございましたが、経験した事のない心の痛みだからなのでしょうか、世界中の孤児の子ども達が皆、同じ気持ちなのでしょうか?血の繋がりに関係なく親子関係は成り立つであろうし、血が繋がっていても上手く行かない場合もございますよね(>_<)何が幸せで、何が不幸なのか・・・・・・何とも言いがたいお話でございました(..;)

    掲載日:2006/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいえのタッチにほっとします。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    アンメイという中国の女の赤ちゃんが、アメリカの作者の家へ養女となったお話。
    あまり小さな子供向きではないかもしれません。
    アンメイが、置き去りにされた時に、母親は、どんな思いでさって行ったのでしょうか。決して愛されていなかったわけでわなく、やむにやまれず手放したのではないのでしょうか。アンメイが、こんなにアメリカで愛されてすくすくと育っているなんてなんてラッキーで幸せなことでしょうか。でも、置き去りにされた時の、遠い記憶の中にしまわれた、お母さんのコートのバサッという音を思い出して少女が、夜に声をあげて泣くところは、とても切なくなります。

    掲載日:2003/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット