たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

かたあしのひよこ」 みんなの声

かたあしのひよこ 文:水谷章三
絵:いとう ひろし
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1992年
ISBN:9784593593132
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,998
みんなの声 総数 28
「かたあしのひよこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • たくさんの子どもたちに読まれている絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    たくさんのナビの方が感想を描いているな〜、と思ったら、NHKの子ども向けの番組でお子絵本の読み語りがあったようです。

    だから、図書館で予約してから借りるまでにずいぶんと待たされたんですね。
    借りてきて本もずいぶんとくたびれていました。
    小さいお子さんが何度も何度も読んで、勢い余って破っちゃったりしたんだな〜という、修正テープの跡があちこちにありました。

    小さい子たちに喜ばれる絵本は、素敵だな〜と思いますが、
    本の保存状態のことを考えると、(公共のものであるときは)ちょっと考えてしまいますね。

    さて、お話の方ですが、下の子に読んでみたら、すごくウケました。「今度の学校の読み語りで、ぜひうちのクラス(4年生)に読んで!」と、いわれてしまいました。
    ちいさなヒヨコのすごい胃袋が、面白かったようです。
    いとうひろしさんのはっきりした楽しい絵もサイコーでした。
    元は、スペインの昔話だそうなので、物語もテンポよく読みやすかったです。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 『ランパンパン』に似てるよ

    先に読んだ息子が、「『ランパンパン』に似てるよ」と言いました。読んだ本を比較するほどに成長したのかと、その成長ぶりに驚きました。

    金の足を王様にとられたひよこが足を取り返しに行きます。その道中が、「ランパンパン」に似ているのです。

    小さな物が自分よりも大きな物を飲み込むというのは、実際にありえないのですが、封建制度で、酷使されていた民衆たちが立ち上がり結集すれば、このような力になるかもしれません。

    風刺的な意味合いが元になって作られた民話なのかもしれないと思いました。
    ひよこの飄々として淡々とした姿が印象に残りました。

    掲載日:2009/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぐいぐい惹き込まれました

    • はなしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子10歳、男の子8歳

    奇想天外なお話で、軽快な展開が実に楽しいお話です。
    小さな小さなひよこが、我侭な王様に理不尽にも金の足を片方取られてしまいます。そんなめげてしまいそうな状況なのに、このひよこは、とにかく強いのです。
    このひよこは、決してくじけることなく、どんなことにも正面から向かい合い、自分よりも大きく強そうな相手さえも助けながら、前へ前へと進んで生きます。その姿は、ちょっと感動的で、小さな子供たちや、傷付いて落ち込んでいる人も、きっと勇気をもらえることでしょう。
    そして、次は一体どうなるのか予想もつかない展開に、みんなぐいぐい話に惹き込まれてしまいます。
    いとうひろしさんのかわいらしい絵からは、想像もつかないひよこの逞しさに脱帽。痛快です。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • スペインの民話。

    理不尽な理由から、辛い目にあってもくじけないで立ち向かって行く、かっこいいひよこくんのお話です。
    スペインの内戦がこのお話が出来た背景にあるようです。
    小さくても力がなくても、知恵を使って友達と力を合わせて、大きな事をやり遂げる事が出来る、そんな勇気をくれた絵本でした。
    男の子にもお勧めします。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 4次元ポケット?

    子供が読めば、奇想天外なストーリーでとても面白いと思うのですが、大人の自分からみるとツッコミどころが満載です。
    かたあしのひよこちゃんが、オオカミやライオンよりたくさん歩けること。
    歩けなくなったオオカミやライオン、川をおなかにいれられること。
    王様のお城で、おなかにいれるのではなく、オオカミ・ライオン・川をおなかからだしたこと。
    最後はあしをとりもどして、お宝をもらってかえるのですが、外国の民話って不思議だなと思ってしまいました。

    掲載日:2018/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • スペインみんわ絵本

    おじいさんとおばあさんに可愛がられて育ったひよこの足は、金の足だったのです。王様に片方の足を奪われたひよこは、王様から取り戻しにでかけました。おおかみさんは、「おいらのなかよしさん」らいおんさんは、「わしのなかよしぼうや」と一緒に行きたがる気持ち・人間関係がいいなあと思いました。おおかみ・らいおん・川を飲み込んだひよこの胃袋(?)は、どうなっているの?とおもいましたが、全て役に立ってすっきり爽快な気持ちにさせてもらいました!

    掲載日:2017/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひよこにびっくり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    金のあしを持つひよこ。王様に取り上げられてしまいます。その後、ひよこはあしを取り返しに!
    次々と現れる友達たち。最初、ひよこの予想外の行動にびっくりしました。
    自分よりも大きいものをこっくんとのみこみ!?いったいどうなってるの!?
    テンポよく、わかりやすいお話でした。

    掲載日:2016/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外な展開にびっくり

    書店で初めて見たときはタイトルに切ない話なのではないかと思いました。
    家に帰り絵本ナビのページや作品レビューを見たら予想外な展開にびっくり。
    迷わず別の日にあらためて買いました。
    絵のタッチとパワフルなひよこに子供も楽しそうにきいてくれました。

    そしてテレビ絵本でやっていたと知り再放送を今日初めて見ました。
    アニメのひよこをみた子供は「一緒だー」と絵本を持ってきて見比べていました。

    テレビもよくまとめてありましたが、親としては話の謂わんとするテーマを知る上で絵本から入っていて良かったと思いました。

    掲載日:2013/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • スカッとする

    王様に金の足を取られてしまって、その足を取り戻しにいくお話です。
    途中で、友達のオオカミやライオンを飲み込んだときには、「ええ!?」とびっくりしましたが、きちんと後半に向けて、必要なことだったんですね。
    いとうひろしさんの絵がとてもかわいくて、素敵な絵本でした。
    スペイン民話だということは、読むまで知りませんでした。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない面白さ

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    いとうさんのかわいらしいイラストが、お話とギャップがあって、
    おもしろかったです。
    おおかみとかライオンをごっくんとのんじゃうとこ。
    かわを飲んじゃう時の目が…かわいいタッチと色だから、
    よけいにひょえ〜!と思って、目が離せなくなりました。

    この本はスペインの民話だそうで…有名なお話なのでしょうが、
    日本とは違う感覚の、不思議なお話だなぁ〜と思いました。

    小学校で読み聞かせボランティアをしています。
    この本は読むとしたら、7分くらい。
    きっと大笑いするだろうな〜と思うページも多々ありますが、
    「ありえない〜!」って声もたくさん聞こえるだろうな〜。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット