だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

やっぱりネズミくんのチョッキ」 みんなの声

やっぱりネズミくんのチョッキ 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1993年5月
ISBN:9784591041789
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,379
みんなの声 総数 11
「やっぱりネズミくんのチョッキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • あわてんぼうw

    どの動物たちも、自分の体の色に合わせたチョッキをおかあさんが編んでくれていました。ねみちゃんもそんな理由でねずみ色のチョッキを編んでくれたんでしょうね。でも、ぞうくんのぞういろのチョッキとかぶってしまって、洗濯した後に大変な勘違いをしてしまいます。まぁ、大きさから考えてそういうことだろうな〜とは思いましたが・・・あわてんぼうですねw

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外だった

    4〜5歳児に読みました
    ねずみくんシリーズの小さな子供向けの絵本ですが、幼稚園児にもおなじみの「ねずみくん」なので読んでみました
    ややイラストも大きいので見やすい絵本です
    ねずみくんのお友達が次々とお母さんが編んでくれたと言うチョッキを紹介します
    それが、それぞれの個性を生かした模様なので子どもにはそれが楽しいらしく、次にどんな動物が出てくるのかを予想して口々に言いながら絵本を見ています
    あらいぐまくんが洗ってくれることは予想していたようですが、ラストのぞうさんとのやり取りは、意外だったみたいです

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチが効いてます

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    7歳の息子ですが、このシリーズいまだに楽しんで読みます。
    (ちょっと幼いかも)
    それぞれの動物にそれぞれのおかあさんが作ってくれたチョッキを披露するページでは、いちいち「ウフフッ・・ウフフッ♪」とにこにこしながら聞いています。
    しまうまさんはシマシマ柄、きりんさんはきりん柄です。
    みんな背中からくるっとふりむきポーズ。モデルさんのようにちょっと気取っているさまもおかしいのかな。

    最後のオチがまた効いています。
    このシリーズの特徴ですよね。
    安心した空気の中でくすっと笑えるねずみくんシリーズだと思います。

    掲載日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どういうこと??

    先日「だから ねずみくんのチョッキ」を読んだばかりなのですが、内容がほぼ同じではありませんか!!
    えっ、どういうことですか?

    お話としては、面白かったですよ。
    でも、個人的には「だから〜」のほうが好きかな。

    絵の雰囲気が、だいぶ違うので違和感が残りました。

    掲載日:2011/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ色なのに、ねずみが着たらねずみ色、
    ぞうが着たら、ぞう色って読んじゃうのが
    面白い!!

    子供は、いろんな動物がチョッキを着て、
    公園で遊んでいるのに、あらいぐまだけ着てないのが
    すごく気になる様子。
    「あらいぐまさん、チョッキないの??」って
    毎回ながら、心配しています。
    それがなんかかわいくて、
    読んでるこっちも、「あ、また聞くかな〜?」と
    少し期待しながら読んでしまいます。

    たくさんの動物が出てくるので、
    名前も覚えれて、かわいい絵本だと思います。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ灰色でも呼び名が違う

    これは、カラー版ねずみ君のチョッキシリーズです。
    単色になれているせいか、カラーなだけで、ちょっと趣も違うような気がしますが...
    この絵本が、カラーになっているわけもわかりました。
    今回は、「色」と「柄」がポイントなのです。
    みんな、それぞれ自分のチョッキを着ているのに、一人、あらいぐまだけが、チョッキを持っていない理由もわかりました。
    ねずみにとっては、灰色は「ねずみ色」だけど、ぞうにとっては、同じ色も、「ねずみ色」ではなく「ぞう色」なんですね。
    なるほど、最後の最後まで、この展開はわかりませんでした。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなのチョッキ

    ねずみくんシリーズで有名なねずみくんのチョッキ。
    今回は仲間の動物のチョッキも登場します。どのチョッキも
    とても素敵です。
    あらいぐまが洗濯やさんという設定もほほえましいです。
    いろいろな動物の登場とチョッキに娘は喜んでみていました。うしの子の大きなリボンもかわいいねと言ってました。
    ねずみくんとぞうくんの互いのチョッキを取り違える
    あわてんぼうぶりも愉快です。

    掲載日:2004/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんと、ねみちゃんがねずみくんのためにおそろいのねずみ色のチョッキを編んでくれました。
    きつねくんもひょうくんもしまうまくんもみんな、自分にぴったりの色のチョッキをお母さんに編んでもらいます。
    そんなお気に入りのチョッキを着て、公園で遊んでいた時のこと。なんと遊んでいたらチョッキが汚れてしまいました。でも大丈夫。あらいぐまくんがお洗濯してくれます。みんなのチョッキを一生懸命洗って干してくれたあらいぐまくん。「もうよごれはおちたかな?」とみんなが自分のチョッキを取りにやってきました。
    そこで悲劇は起こります。おっちょこちょいなねずみくんとぞうくんが織り成す悲劇。
    でもお互いにチョッキを見せ合うことで、一件落着するのでご心配なく・・・
    やっぱりみんな自分のチョッキが大好き。大事な人に編んでもらったチョッキを大事にするねずみくんや動物たちを見ていると、物を大事にしようねというメッセージがこめられているような気がします。そんな意味でたくさんの子どもたちに読んでほしいと思う1冊です。

    掲載日:2003/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまたトラブル発生か?!

     あらいぐまくんが洗ってくれたチョッキを見たねずみくんの叫び。「わあーっ!ぼくの チョッキ のびちゃってるー。」
     きっとねずみくんの頭の中には今までのチョッキにまつわるトラブルがぐるぐると渦を巻いてよみがえったことでしょう。
     自分のチョッキを自慢気に見せている動物達の表情にも注目です。みんな良い表情をしていますよ。
     楽しい一冊です。できればねずみくんシリーズの先に出版されている物から読まれることをおすすめします。

    掲載日:2003/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらいぐまくんの大活躍!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    あの、よく知ってるねずみくんなんだけど、何かどこか違う。
    「ねみちゃんとねずみくんのえほん」とサブタイトルがついてるシリーズです。(私はふつうのねずみくんのシリーズの方が好きです。)
    さて、みんなが自分にぴったり(ねずみくんはねずみいろ、ひょうくんはヒョウ柄、しまうまさんはゼブラ柄・・・といった感じ)のチョッキを着て、自慢げですが、あらいぐまくんだけチョッキを着てません。
    でも、ちゃ〜んと大活躍のページが出てきます。
    ねずみくんが伸びたチョッキをひきずりながらしょんぼり歩く、お馴染みのシーンも出てきます。
    なんだかんだ言っても、笑えます。

    掲載日:2003/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット