もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

Curious George(ひとまねこざるときいろいぼうし)」 みんなの声

Curious George(ひとまねこざるときいろいぼうし) 作・絵:H.A.レイ
出版社:Houghton Mifflin Company
本体価格:\2,020+税
発行日:1973年2月
ISBN:9780395159934
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「Curious George(ひとまねこざるときいろいぼうし)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • え〜〜!

    原題は、“Curious George”。 「ひとまねこざる」のお話と思って借りてきたら、一作目の「ひとまねこざるときいろいぼうし」のほうだったんですね! (これだけ多くの絵本を子どもと読むようになってもまだ「文字を読む癖」が抜けないようです・・・。表紙の絵を見れば、一目瞭然なのに!)

    娘といっしょに読んだジョージの絵本は、これが3冊目ですが、今回はほとんどページをめくるごとに「え〜〜!」の連続。
    ジョージが黄色い帽子をすっぽりとかぶった隙に、おじさんが素早くジョージを袋に入れてしまうと、
    「え〜〜!どうして捕まえられちゃったの?」
    ジョージの乗る船が動き出すと、
    「え〜〜!ジャングルは?」・・・ここまでは、とっても心配そうな娘。
    でも、おじさんの家に着き、ごちそうを食べ、パイプたばこを吸っているジョージに、
    「え〜〜!どこで見つけてきたのかなあ? いったずらだね〜!」
    間違えて消防署に電話をしてしまったときには、
    「え〜〜!911にかけちゃったの〜?」(こちらの火事、救急は911)
    牢屋から抜け出し、風船といっしょに空に舞い上がってしまったジョージ。
    やっと地上に降りてきたところで、おじさんが風船売りに代金を払い、ジョージが握り締めている全部の風船をそのままもらうと、
    「え〜〜!Not fair! だって他の誰かも、Jも買いたいのにっ!」と、ちょっぴり焼きもち。
    そして、最後に、ジョージが動物園に着き、“What a nice place for George to live!”と、ハッピーエンディングを迎えると、
    「え〜〜!じゃあ、おじさんのおうちには住まないの?」と、困惑気味の娘でした。

    とにかく、「え〜〜!」のリアクションが多かった1冊。
    1番のお気に入りは、ジョージがかもめといっしょに空を飛びたがり、
    “Oh What happened! First this-”(かもめといっしょに腕を広げて飛んでいるジョージ)
    “And then this!” (どっぼーん!海の中にまっさかさま。)
    ここは、いつも大きな声でいっしょに読みます。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット