モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

Frederick(フレデリック)」 みんなの声

Frederick(フレデリック) 作・絵:レオ・レオニ
出版社:Alfred A. Knopf
本体価格:\1,844+税
発行日:1967年05月
ISBN:9780394810409
評価スコア 4
評価ランキング 19,442
みんなの声 総数 3
「Frederick(フレデリック)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私の一番の絵本

    子供に読み聞かせをし、数年前からレオレオーニさんにはまりいろいろ読みました。海外暮らしの為、全て原書で読むことが多いのですが、私が一番好きなのはこのFrederickです。
    読むとなんだかジーンときます。特に外が真っ白な銀世界になった冬に必ず読まないと!と思う絵本です。

    他のねずみ達が一生懸命働いている中、じっーと自分の世界に入っているフレデリックは変わっています。そしてそれがいいことなのかはわかりませんが、、、
    しかし寒くなった冬、寂しい冬にフレデリックがみんなに与えてくれる、カラフルな世界がとても魅了的です。
    ぜひ原書で楽しんでみてください。
    簡単な英語ではないかもしれませんが、こちらの絵本のメインは詩ですよね。詩は母国語で読んでも時にはわかりにくいものですよね。
    何度も何度も読むと感じ方が変わってきます。
    誰がなんと言おうと私の中でNo1の絵本です。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • レオニさん、ごめんなさい。

    レオニが自分が描いた作品の中でこの『Frederick(フレデリック)』を気に入って
    いるような気がして、日本語訳を読んだ時にどうもその良さが分らないので、
    『チコときんいろのつばさ』に続き、オリジナルの英語版を読んでみることにしました。

    読んでみると、さすが! 谷川俊太郎さんの訳は本当にオリジナルにそったもので
    あって、まずそこがとてもビックリしました。

    でも、私がなんとなく読み終えた後にこの話が自分の物に出来なかったのは、フレデ
    リックの詩のせいだろうと思っていたので、オリジナルを読むのを、ある意味、とて
    も楽しみにしていましたが、正直なところ、読んでみても、その素晴らしさが残念ながら
    よく分かりませんでした。同じように思っている方がいるかもしれないので抜粋します。

     Who scatters snowflakes? Who melts the ice?
     Who spoils the weather? Who makes it nice?
     Who grows the four-leaf clovers in June?
     Who dims the daylight? Who lights the moon?

     Four little field mice who live in the sky.
     Four little field mice... like you and I.

     One is the Springmouse who turns on the showers.
     Then comes the Summer who paints in the flowers.
     The Fallmouse is next with walnuts and wheat.
     And Winter is last... with little cold feet.

    確かに出だしをWhoでそろえて、二行ずつ韻を踏んでいて、詩の前半で謎かけにして
    あるのが面白いとは思うのですが、いやはや感動するか?と聞かれたら、微妙です..
    それは、もしかしたら私がネイティブじゃないからなのかもしれませんし、もしかしたら
    最初からねずみの数は本文では明言されてなく、レオニの絵だけから判断するしかないの
    ですが、登場するねずみはフレデリックをいれると5匹。つまり働かないフレデリックを
    ぬくと4匹になるのを、この詩に出てくる季節をつかさどる働くねずみにかけているから、
    面白くて、少なくとも話に登場するねずみ達にとってはねぎらいになって、「フレデリッ
    クって詩人〜!!」になったのかしら?

    とにかく、翻訳版の時と同じように、フレデリックみたいな芸術家の必要性は分りました
    が、やっぱり私にとっては、感動するほどの絵本ではありませんでした。
    レオニさん、ごめんなさい!

    掲載日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 偏屈?立派?

    ノネズミたちが冬支度をする話しです。

    ほかのネズミたちは一所懸命に食べ物を集め、冬眠の準備をしています。
    しかしフレデリックだけは何もしない。
    周りの仲間たちは次第に不満が募ってきます。

    そして、冬。
    用意していた食料もなくなってきて、ノネズミ達は
    フレデリックの話しに耳を傾けます。

    おひさまのあたたかさ、周りに溢れていた沢山の色、
    とても素敵な言葉でみんなに話し、一緒に心が豊かになっていきます。

    フレデリックは、実はたくさん準備していたんですね。

    読んでいても、暖かい気持ちになります。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / さつまのおいも / ねずみのかいすいよく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット