あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

フォア文庫 まほうをかけられた舌」 みんなの声

フォア文庫 まほうをかけられた舌 作:安房 直子
画:遠藤 てるよ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\540+税
発行日:1979年10月01日
ISBN:9784265010011
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「フォア文庫 まほうをかけられた舌」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんが残してくれた味

    安房直子さんの創作のお話し
     
    まほうをかけられた舌は、 レストランの主人だったお父さんが亡くなって独りぼっちになった洋吉少年が お父さんの味を継いでレストランを継ぐ事になるのですが・・・・

    若くてなまけものだった洋吉は、お父さんの味を知りません。
    ある時  地下室で見かけた小人がお父さんのレストランの味を教えてくれたのですね

    お父さんの味を 舌が教えてくれ 小人が導いてくれるのですが・・・

     本当のところは、お父さんだったのかも知れませんね 導いてくれたのは・・・

    遠藤さんの挿絵も可愛く

    少年が成長していく様子がよくわかりました
    父の偉大さを感じたのかもしれません
    生きると言うことを考えさせられました

    魔法にかけられたような地下室の様子は興味深く 安房さんのお話しのうまさを感じました

    その他にも
    コロッケが五十二
    青い花 
    海からのおくりもの
    ライラック通りのぼうし屋
    楽しませてもらいました
    安房さんのお話しもっと読んでみたいと思いました

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    安房さんの作品だ!\(◎o◎)/!
    これは、読んでない・・・
    と、すぐに図書館から借りてきました

    「ユニークなファンタジー」と
    カバーに紹介されているのですが
    ユニーク?
    ではないと私は思います

    安房さんの独特な世界なんです
    おとぎばなしではない
    不思議なんだけど
    夢物語でもない
    きびしい現実を突きつけられるというか
    ぴりりと
    スパイスがどの作品にも
    効いています

    子どもの頃に読んだら
    どうだったのか・・・

    悲しいのではないのですが
    やっぱり不思議な感覚になったのかどうか

    とにかく、手に取り
    読んでみてください

    掲載日:2012/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット