だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ねずみくんのおともだち」 みんなの声

ねずみくんのおともだち 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1989年
ISBN:9784591033319
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,691
みんなの声 総数 8
「ねずみくんのおともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友達連れてきました

    「ごめんください。お言葉に甘えて友達連れてきました」と、ねずみくん。「どうぞ どうぞ」と優しいにこやかなねみちゃんですが、お友達をみてびっくりです。お料理が足らないから、やっぱりねみちゃんも嫌なんだと思いました。ねずみくんのお友達は、みんなねずみくんより体がデッカイ人たちばかりだから、ねみちゃんにしてはお料理が足らなくてねずみくんに恥を欠かせるのが嫌なんだと思いました。「少なかったけど、ご馳走様ー」と言われてねみちゃんが可哀そうです。ねずみくんも気を使えばいいと思うのですが、ねずみくんくらい小さい人がいないのだと思いました。やっぱり、最後には、ねずみくんとねみちゃんが二人で食べるのが一番お似合いでとても嬉しそうにご馳走を頂いているのがよかったです。

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねみちゃんは役者?!

    ねみちゃんのリアクションに子供は大笑い!!
    ねみちゃんの表情やしぐさを真似すると
    ますます大うけでした^^
    「ひとりだけよ」「背はこれくらいよ」とたしなめるねみちゃんに対し
    あ、やっぱりか、と思うようなともだちをお約束のように連れてくるねずみくん。
    最後はねずみくんがふられちゃったかなと思わせておいて
    ほのぼのジーンとするラストで
    何度も読みたくなる絵本でした。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルなねずみくんたち!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    カラフルなねずみくんの絵本。今までのねずみくんのシリーズと違うのかな?と興味津々で借りてきました。

    いつものねずみくんとねみちゃん、そしてねずみくんのお友達が登場します。
    ねずみくんとお友達の登場の仕方がいつもと違っています。
    ねみちゃんがご馳走してくれるので、ねずみくんはお友達を連れてきます。そこでねみちゃんが怒ってしまう。
    ねみちゃんが怒るのも無理はないような気がします。
    ねずみくんは、やっぱり天然なのでしょうか?
    思わず「どうして〜」と突っ込みたくなります。
    でも、最後には笑顔の二人でよかったです。
    ねずみくんのシリーズはやっぱりいいです。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天然キャラとしっかり者

    ねずみくんは素直だけど、ちょっと鈍感なのかな?ねずみくんのお友だちは自分より大きい動物ばかりなんですね。

    ねずみサイズのお食事は用意できるけれど、それ以上のものは要求されても困るし、折角用意したのに「すくなかったけど」なんて言われると傷つきますよね。

    「ねずみくんのおやくそく」を読んでからこの絵本を読んだので、いつもねみちゃんはむっとしているのかな?なんて思ってしまいました。

    ちょっと天然なねずみくんとしっかりもののねみちゃんだからうまくいくのかなとも思います。「ねずみくんのおやくそく」同様、最後はほのぼのとした終わり方でよかったと思います。

    掲載日:2007/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねみちゃん、怒りすぎ?!

    • akinoさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、女の子1歳

    娘が4歳のときに図書館で借りてきました。
    以前にもねずみくんのカラフル絵本を借りたことがあったので、「ちがうのがあったよ!」と見つけて喜んでいました。

    読んでみると、確かにおもしろいけど「ねみちゃんおこりすぎ?!」というのが率直な感想です。
    展開はよかったので、もう少しねみちゃんがおだやかな反応がよかったな〜なんて思ってしまいました。
    「これだけ?」なんて言われたら、怒るのも無理ないとは思いますが…

    4歳の娘よりも、1歳の下の子の方が気に入っていたようです。
    確かに展開も繰り返しだし、小さい子から楽しめると思います。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ボケ」「つっこみ」が絶妙

    ねずみ君とねみちゃんのやり取りが漫才のようで
    私が気にいっちゃいました。

    ねみちゃんが怒ってねずみ君を手招きする姿
    とても笑える。
    ねずみ君の素直なボケもグー★

    とてもお似合いなカップル?!お友達ですね。

    掲載日:2006/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねみちゃんからのお食事のお誘いに、ねずみくんが誘ったお友達とは・・・。ねみちゃんの激怒ぶりがとても笑えます。友達の人数・背の大きさまで指定。でもそのねみちゃんの期待をことごとく裏切るねずみくんにまた苦笑。
    最後には、「もうねずみくんのともだちよばない! もうわたしのともだちだけにするわ」と怒ってしまったねみちゃん。さてねみちゃんのお友達とは誰でしょう。
    答えは最後のページに書いてあります。一緒にねみちゃんとお食事をしているのは、誰かな?ねみちゃんは、本当は友達が少ないんじゃないかなぁと思った一コマなのでした。

    掲載日:2003/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまた、ラブラブなねずみくん

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    ねみちゃんが、「手料理をご馳走するから、友達を誘ってきてね」と、ねずみくんに言ってくれました。さっそく、友達を誘っていきますが、たくさん連れて行きすぎて、ねみちゃんに怒られてしまいます。
    今度は、1人だけと言われて、ねずみくんが連れてきたのは・・・。
    ねずみくんが、友達を誘っていくとすぐに料理が足りなくなってしまい、ねみちゃんに怒られてばかりです。結局最後は、ねみちゃんが友達を誘うことになりました。さて、一体誰でしょうか。
     友達が、毎回ぺろりと食べてしまい、「これだけ」などと失礼なことを言います。ちょっと、マナーが悪いのが気になります。ねみちゃんでなくても、もてなした側は、むっとしてしまいます。
    でも、またまた、ねみちゃんとねずみくんのラブラブぶりは、健在です。

    掲載日:2003/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット