大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

チムとシャーロット チムシリーズ 4」 みんなの声

チムとシャーロット チムシリーズ 4 作・絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年07月
ISBN:9784834017144
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海からやってきた女の子

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男がチムのシリーズにはまり、「全部読む!」というので全巻借りてきてせっせと読んでいます。

    この巻は船には乗りません。代わりに海から流れ着いた女の子がテーマです。女の子は意識を取り戻しますが、記憶喪失になっていて、そこからドラマが始まります。

    子供の気持ちがとても繊細に描かれているのですが、それと同時に大人たちの様子もとても丁寧に書かれていて本当に読み応えがあります。

    絶版なのが残念です。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記憶喪失

    記憶喪失の女の子、シャーロットの登場です。
    記憶喪失だったり、身分の違い、心の病気だったりと、ずいぶん大人っぽい内容だと思いました。

    シリーズ1・2を読んだ後で、3をとばしてこちらを読んでしまったので、ジンジャーの存在が突然に感じました。

    順番に読んだほうが、より楽しめますね。

    掲載日:2012/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • チムシリーズとの出会い

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    ある日娘が借りたいともってきた本でした。

    主人が子どものころ好きだったと聞いていたのですが
    4歳の娘にはまだ難しいとおもい
    借りたことがない物語でした。

    沢山あるシリーズの何冊目かで
    この本だけを借りて、つながりも分からず
    理解できるのだろうかと
    思いました。

    が娘が引き下がらずに借りることになり
    た。

    今思うと、単に娘は表紙の女の子の絵に
    ひかれたのだと思います。

    外国の物語で絵も何処かスケッチタッチで
    絵葉書にでもあるかのようで
    自分的に好みでした。


    シャーロットがチムたちのところに帰りたくて
    体が弱くなり、ついに願いが叶った時は
    ジーンときました。

    他のも読んでみたい、このジンジャーという男の子は
    誰だ???
    などと思い

    この本が私と娘がチムシリーズにはまる
    きっかけとなりました。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険要素がないのが残念

    チムシリーズの第4弾。
    チムとジンジャーは、海に漂流していた女の子を助けます。

    ドラマチックなはじまりだと思いました。

    シャーロットが登場したところで、ジンジャーがやきもちをやいてしまうところ、息子にはちょっとわかりづらかったようです。

    今回は、シャーロットという新登場人物の人となりがわかるという内容でしたので、冒険要素がなかったのが、残念でした。

    次から、シャーロットがどんな風にお話に加わってくるのかが楽しみです。ジンジャーがこの先、どうなっていくのも興味があります。

    掲載日:2008/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の居場所

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    海から流れ着いた女の子というだけでも劇的ですが、なんと記憶喪失なのです。
    なんだか、昔の「赤いシリーズ」を思い出しました。

    その女の子にシャーロットと名前をつけて、チムの家族と一緒に暮らします。
    やがてシャーロットは記憶がもどり、元の生活にもどります。
    シャーロットはお金持ちのお嬢様でした。
    このシリーズは男の子向けかなと思っていましたが、このおはなしは女の子が憧れるところが多いです。

    シャーロットはチムの家でお手伝いをすることで、自分の居場所を見つけました。
    自分が役に立っているという実感が大切なのだと伝わってきました。
    お金持ちの家ですべてが揃っていて、使用人がなんでもしてくれるというのは、
    女の子が憧れることですが、シャーロットには普通の家庭の子どもがうらやましかったのです。
    そんなシャーロットからこれを読んだ女の子は、自分の幸せを感じると思います。

    男の子の気持ちと女の子の気持ちが描かれていていいです。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記憶喪失の少女

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    チムシリーズの第4巻。
    ジンジャーと一緒に浜辺を散歩していたチムは
    波に打ち上げられた少女を連れ帰り、介抱します。
    どうやら記憶喪失、ということで、しばらくチムの家で静養しますが、
    すっかり慣れたところで、親族が引き取りに来て・・・。
    なかなかドラマチックな展開です。
    とりあえず、シャーロットと名づけたら、本名もシャーロットだなんて。
    シャーロットが帰った後の、チムとシャーロット、それぞれの行動が
    切なかったですね。
    スピリの『ハイジ』のハイジとクララを思い出してしまいました。
    でも、チムの負けず劣らずの行動力を持つシャーロットは魅力的ですね。
    航海シーンはありませんが、子ども達の学校生活やお手伝いの様子が
    描かれていて、また違った味わいのストーリーでした。
    男の子ってこんなにけんかするんだあ、と、ちょっとびっくりもしました。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラマチックな展開

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    チムとジンジャーが、浜辺で倒れていた女の子を見つけました。記憶喪失で名前も覚えていない彼女に、シャーロットと名付けて家族と暮らすことに、しかし、お金持ちのお嬢様とわかり、連れ戻されてしまいます。
    記憶喪失だなんて、子供の絵本にしては、随分穏やかじゃなく、えらくドラマチックな展開です。しかも、実際の名前もシャーロットということが分かり、びっくりです。
    この時代、身分の違いから、子供同士が絶対にあってはいけないと言われてしまうのが、とても理不尽でかわいそうでした。
    そして、なぜか、このシリーズには、両親を亡くした子供がたくさん登場します。ジンジャーもその1人ですが、この時代は、そんなに親は寿命が短かったのでしょうか。読んでいて子供が不安にならないか、ちょっとドキドキします。
    三人の子供達の友情が、なんだかとってもうらやましいような気持ちになりました。

    掲載日:2003/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット